柳生連也武芸帖

柳生兵庫ノ介の息子厳包(としかね・後の連也斎)は、新陰流の宗家となるべく、まずは江戸へ行き徳川光友の兵法師範となることに。しかし光友の元には既に大勢の武芸者が…

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:とみ新蔵

カテゴリ:青年漫画

出版社:リイド社

最終更新: 2015年10月17日

Loading...