スキマ

ニュクスの角灯 (1) (
[完結]全6巻
)

ニュクスの角灯  (1)

ニュクスの角灯 (1)

[完結]全6巻
(33)
fav
335
1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。 西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった…… ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)…… 先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……
1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。 西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった…… ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)…… 先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……
ニュクスの角灯  (1)

ニュクスの角灯 (1)

[完結]全6巻
(33)
fav
335
1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。 西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった…… ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)…… 先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……
1878年(明治11年)、動乱の幕末は遠ざかり、長崎では海外貿易で莫大な利益を得る商人が多く現れはじめていた。 西南戦争で親を亡くした少女・美世(みよ)は奉公先を求めて鍛冶屋町の道具屋「蛮」(ばん)の扉を叩くが、そこで彼女を待っていたのは、店主・小浦百年(こうら・ももとし)がパリ万博で仕入れてきた最先端の品々と、それらに宿るベルエポックの興奮と喧騒だった…… ジャック・ドゥーセのドレス、ダニエル・ペーターのミルクチョコレート、シンガー社のミシン、セーラー服、エジソンの蓄音機、革ブーツ、眼鏡、幻灯機(マジック・ランタン)…… 先進と享楽の都・パリ渡来からやってきた“夢の品々”に導かれ、少女はまだ見ぬ世界へ歩み出す……

みんなのレビュー
レビューする

初めて読んだ作品でしたが、もっと早く出会いたかったと心から思いました。 文明開化後、目まぐるしく変化していく日本で、1人の少女が経験する様々な出来事がお伽話のような雰囲気でとつとつと語られていきます。 時折登場する不思議の国のアリスやチェシャ猫が、着物姿の中に混じる洋装の人々のように、小さな違和感と新鮮さを読み手に与えます。 読み進めるごとに引き込まれて、私は無料分を一気に読破して有料話も購入しました。後悔はありません。 そして、できることなら書籍を手に取ってもう一度読んでみたいと心から思います。 このレビューで、1人でも多くの人にこの作品の素晴らしさが伝わりますように。お勧めです。
2020年2月2日
つまらなくはないだろうけど地味な絵だな…という印象、読むとやはり堅実ながら地味なお話。  投げ出すほどつまらなくもないしというくらいの気持ちで読んでいましたが、店主渡仏のあたりでやられた、と思いました。  過剰な演出をしないため、いろいろと物事が起こっても印象としては地味です。冒頭からぐっと引きつけられて目を離せないというタイプの物語ではありません。読んでいて情緒が乱れたりもしません。  ですが淡々と暮らす作中人物の日々がいつの間にか寄り添ってくるような作品だと思います。本当に昔こんな人たちが居たような気持ちにさせてくれる、そういうお話です。  嫌な人物が居ないのも読んでいてほっとします。  作者による1ページ解説もとても楽しい。ニュクスのブローチ、見てみたかったですね。
2020年2月9日
話が重厚で読みごたえがある。構成がよく練られ内容も濃く、様々な伏線が読み手を飽きさせない。パリの街の表現も素晴らしい。リアルに感じさせてくれる。こういう作品って、時間を置いて何度も読みかえし楽しむ事ができるんですよね。良作品を描いて下さる作者に感謝したくなる。続きが楽しみです。
2020年7月16日

第1巻

無料試し読み(22ページ)

第2巻

無料試し読み(26ページ)

第3巻

無料試し読み(27ページ)

第4巻

無料試し読み(32ページ)

第5巻

無料試し読み(26ページ)

第6巻

無料試し読み(19ページ)

第1巻

無料試し読み(22ページ)

第2巻

無料試し読み(26ページ)

第3巻

無料試し読み(27ページ)

第4巻

無料試し読み(32ページ)

第5巻

無料試し読み(26ページ)

みんなのレビュー
レビューする

初めて読んだ作品でしたが、もっと早く出会いたかったと心から思いました。 文明開化後、目まぐるしく変化していく日本で、1人の少女が経験する様々な出来事がお伽話のような雰囲気でとつとつと語られていきます。 時折登場する不思議の国のアリスやチェシャ猫が、着物姿の中に混じる洋装の人々のように、小さな違和感と新鮮さを読み手に与えます。 読み進めるごとに引き込まれて、私は無料分を一気に読破して有料話も購入しました。後悔はありません。 そして、できることなら書籍を手に取ってもう一度読んでみたいと心から思います。 このレビューで、1人でも多くの人にこの作品の素晴らしさが伝わりますように。お勧めです。
2020年2月2日
つまらなくはないだろうけど地味な絵だな…という印象、読むとやはり堅実ながら地味なお話。  投げ出すほどつまらなくもないしというくらいの気持ちで読んでいましたが、店主渡仏のあたりでやられた、と思いました。  過剰な演出をしないため、いろいろと物事が起こっても印象としては地味です。冒頭からぐっと引きつけられて目を離せないというタイプの物語ではありません。読んでいて情緒が乱れたりもしません。  ですが淡々と暮らす作中人物の日々がいつの間にか寄り添ってくるような作品だと思います。本当に昔こんな人たちが居たような気持ちにさせてくれる、そういうお話です。  嫌な人物が居ないのも読んでいてほっとします。  作者による1ページ解説もとても楽しい。ニュクスのブローチ、見てみたかったですね。
2020年2月9日
話が重厚で読みごたえがある。構成がよく練られ内容も濃く、様々な伏線が読み手を飽きさせない。パリの街の表現も素晴らしい。リアルに感じさせてくれる。こういう作品って、時間を置いて何度も読みかえし楽しむ事ができるんですよね。良作品を描いて下さる作者に感謝したくなる。続きが楽しみです。
2020年7月16日

高浜寛の人気作品

扇島歳時記
1-3巻配信中
扇島歳時記
エマは星の夢を見る
1巻配信中
エマは星の夢を見る
コミック乱
1-2巻配信中
コミック乱
メゾン・ド・ねこ
1巻配信中
メゾン・ド・ねこ

リイド社の人気作品

GT Roman
1-56話無料
GT Roman
犬神・改 電子版
1-50話無料
犬神・改 電子版
幕末狂想曲RYOMA
1-16話無料
幕末狂想曲RYOMA
剣客商売
1-42巻配信中
剣客商売
一丁目のトラ吉
1-5巻配信中
一丁目のトラ吉
えんこうさん
1巻配信中
えんこうさん
勤番グルメ ブシメシ!
1-3巻配信中
勤番グルメ ブシメシ!
たまゆら童子
1-3巻配信中
たまゆら童子
闘茶大名 利休七哲
1巻配信中
闘茶大名 利休七哲
檄 大塩平八郎の道
1-2巻配信中
檄 大塩平八郎の道
探偵屋の女房
1-27話無料
探偵屋の女房
水の剣火の刀
1-2巻配信中
水の剣火の刀