スキマ
総合
少年
少女
青年
女性

foalsさんのレビュー

水の下の千の夢 おがわさとし傑作SF短編集
作者『水窓』の人か。雰囲気にどことなく通ずるものはあるけど,題材の振り幅凄いな。▼ 全般的にノストラダムス感高めだけど,この中では最初の「水の下の千の夢」が好き。あと「鯨神」だけは別途どこかで読んだような記憶がある。
2022年1月24日
チャンス
以前読んだがレビューしてなかったので再読。▼ 最初はすごく良い。各話が読み切りの短編作品レベル。特に2話,3話の出来が良く,伏線と解決方法がよく練られている。ただエリーの人格がひどくて(笑),側から見るとリュウはなぜこんな人物と一緒にいるのだろうと疑うくらいにひどい(後半エリーのいい話もチラホラあるが,それでも疑問を払拭するほどではない)。▼ 後半になると話の展開に雑さが感じられるようになってきて,"起承転結"の"承"や"転"がすっ飛ばされているのではというような話が増えてくる。ネタ切れなのか,指定ページに収めるのが難しかったのかはわからないが,後者だとしたら2〜数話で1エピソードにしても良かったんじゃないかと思う。
2022年1月23日
うめ短編集 うめあわせ
うめさんは,短編の方が切れ味の鋭さがよく伝わる作家だと思う。▼ ほとんどの作品が特定テーマのアンソロジー(?)向けに描かれたもので,それぞれの作品の末尾に付いている経緯を読んでから改めて読み返すと,また違った面白さがある。▼ 個人的には『たくちゃんと僕』シリーズが好き。ただワタナベくんはもう少し報われてほしい(笑)。
2022年1月20日
大東京トイボックス【デジタルリマスター版】
6巻あたりまではテンポが遅い(特に4巻)。7巻くらいからようやく話が動き出した感じで,8巻6話で百田モモのセリフ「ゲームに命を救われた人だってたくさんいてるはずです」を読んで,これを言わせるために描いてきたのかと合点がいった。▼ 9巻あたりから,アデナウアーの狙いが社会的なものではなく個人的なものであることが明確になっていった印象だが,その少し前から加害者の親であることは暗示されていたので,なんとなくそういう予想はしていた。▼ 面白かったんだけど,初読ではテンポの遅さが結構辛かった。▼ 7巻5話に誤字。 誤:聖家族協会 正:聖家族教会
ネタバレを含みます
(タップして表示)
2022年1月19日
1フレの未来 分冊版
1話1話の終わり方のヒキが強くて,先を読みたくなる。結果,一気に読んでしまった。最後だけ少し失速した感はあるけど,それを差し引いても十分面白いと思う。
2022年1月18日
八百森のエリー
いわゆるお仕事漫画として文句なく面白い。作者の野菜およびそれに関わる人々への愛情が伝わってくる。それを体現してるのが主人公のエリー。結衣ちゃんいい子過ぎるくらいいい子なのに,それを振っちゃうエリーは「女の子より野菜が好きっていう変態さん」(by 架純)。でも単純な野菜愛漫画ではなく,原発事故や市場の改革,野菜泥棒,農業の担い手の問題などになやみ,もがきながら成長していくエリーの姿を通して日本の農業の未来についても考えを深めるストーリーになっている。早く続きが読みたい。▼ 25話に誤字。誤:スイカは正解には/正:スイカは正確には
2022年1月17日
忍者歌丸
短いけど緩みなく話が進んで,最後もきっちり話が閉じてると同時に続く余地も残していて,娯楽作品としての完成度が高い。プロの仕事だと思う。▼ 忍歌について調べてみたが,ちゃんと実在している(していた)もののようで,取材もきっちりしてるなという印象。爆発的な人気が出る作品ではないと思うが,もっと続いてもよかったんじゃないだろうか(短いからこそダレなかったという可能性ももちろんあるのだが)。
2022年1月14日
グッバイ、プレイリスト。 -山科ティナ短編集-
巻頭に広告漫画についての作者のスタンスが書かれていたので,広告漫画だということは知りながら,何の広告であるかは知らずに読んだ。結果,漫画としては比較的良くできていたんじゃないかと思った。▼ 広告漫画を宣伝臭を出さずに成立させることは難しい。コンセプト系の広告ではなく,具体的な商品の広告の場合は特にそう。その意味では『グッバイ、プレイリスト』は比較的宣伝臭が薄く感じるが,それゆえに広告としては弱い。逆に『プレゼント・ハラスメント!』は宣伝臭が強すぎて,前半の流れの面白みを消してしまっている気がする。最後の『どうしてパパはカメムシになったの?』は,「保険の大切さ」という概念的なものの広告なので,漫画としての面白さを保ったまま広告としてのメッセージを伝えられている気がする。ただタイトルについては,娘はパパがカメムシになったことを知らないはずなのでちょっと変な気がする(笑)。▼ 作者の「広告漫画でも,人の心を動かす作品が作れるはず」というスタンスには共感するし,それを巻頭で言い切る覚悟は素晴らしいと思う。険しい道だと思うが頑張ってほしい。
2022年1月13日
ムショ医
重い話だが,再読に耐えるちゃんとした作品。主人公の粂川晶は,常識外れなところはあるが良識があり,芯が強い。そこがこの作品の魅力の一つだと思う。▼ 話の構成は,数話ごとのまとまりでいうと,①導入部,②刑務所内での出産,③検診と詐病,④後輩刑務官と部屋のボス,という感じ。最終6巻は特別編だが,本編で軽く触れられたものの明らかにされなかった粂川晶の家族の問題に焦点を当てた話で,これがあるのとないのとでは作品全体から受ける印象が全く異なる。巻末に「クラウドファンディング」という言葉もあったが,描かれたことに感謝する。
2022年1月12日
庭師一代
短いけれど,各話に庭仕事・造園の心得が描かれた佳品。主人公・快道が真っ直ぐで発想が豊かなのも良い。
2022年1月10日
異国隠密戦隊セキア
面白い。1巻がフェートン号事件,2巻が唐人町を舞台にした中国の密貿易(抜け荷),3巻が出島にやってきたナポレオンのスパイと,江戸時代といえども日本が世界の一部であったことが伝わってくる。▼ また,主人公だけでなく,周りを固める登場人物もそれぞれ技や道具に個性があって,キャラがちゃんと立っている。▼ こういう作品や作家が埋もれているのを見つけるのがWeb漫画の醍醐味だが,逆に言うと埋もれているのはもったいないと思う。▼ 3巻5話が「最終配信話」となっているが続くのだろうか?
2022年1月8日
スイートペイン
なによりもまず悠人が可愛い。そして顔だけじゃなく心もイケメン。▼ 真白あゆみの兄の進はステレオタイプのシスコンだけど,ある意味突き抜けてて面白い。
2022年1月7日
乱歩
江戸川乱歩ってこういう「奇妙な味」的な作品も書いてたのか。いずれの作品も少し歪んだ幻燈を見ているような奇妙な感覚に陥る。特に最後の『目羅博士』はその傾向が強い。▼ 絵は多少グロいのもあるので,そういうのが苦手な人は避けた方がよいかも。
2022年1月5日
書店員 波山個間子
良い作品だと思うのだが,紹介される本のネタバレになってしまうのがつらい。もちろんある程度の配慮はあるのだろうけど,「○○○が○○」って書いちゃうのはやっぱりネタバレでは?▼ 「『車輪の下』を読めない」というエピソード,自分もそうなのでびっくりした。波山個間子のような理由があるわけではなく,とにかく読み進められないだけなのだが,(フィクションとは言え)そういう人が他にもいるのかということに驚くとともに,「わかる」という気持ちになった。▼ 9話のバッグの話は,少し「おじさん差別」ではないかと思った。
2022年1月4日
スイートメモリー
振り幅広すぎ。『かっこいい縄文時代』/『明智蜜秀子の確定申告』の緊張と弛緩。『師走の猫』の何とも言えない悲しさ(しかも「ほぼ実話」だそうだし)。変な作品が多い中でもとびきりの異色作『メルヘンヤンキー翔』。共感性羞恥を誘う『おんなと話したい』『お父さんのアロマキャンドル』……。▼ 個人的に好きなのは『一度は遭遇したいシチュエーション』シリーズ。▼ なお自分も『やれたかも委員会』から来たクチ(より正確には『やれたかも〜』の前に『フィンランド・サガ』を読んでいるので,そちらから来たというべきかもしれない)。
2022年1月3日
そっと好かれる
うーん。自分には少し高度過ぎる笑いかも。
2022年1月1日
ブラザーフッド
面白い。本当に面白いだけにここ(7巻6話)で終わってしまっているのが本当に残念。主要登場人物が「ちゃんと負ける」ヤンキー漫画というだけでも希少価値があるのに……。とにかく続きが読みたいが,期待できないんだろうなぁ。
2021年12月31日
Ghostly Japan ~小泉八雲怪談集~
絵柄,そんなに酷評するほどかな? 小泉八雲の話は物理的な恐怖というより心理的な恐怖なので,むしろおどろおどろしく書いてはダメなのでは。▼ 問題があるとしたら絵柄よりもむしろ表現方法にあるのでは。芳一が琵琶を弾く姿が大仰すぎてコミカルになってしまっている印象があり,その点はいただけないなと思う。2話目の「因果ばなし」にはそういうキズはなく,人間の怖さが表現されていると思う。
2021年12月29日
味極道料平
市井ものの落語のような軽妙な料理漫画。とにかく気軽に読める点が魅力。▼ 時には不知火親方が味倉料平から学ぶこともあり,その柔軟さと探究心は素晴らしいと思う。▼ 結局3巻の有料部分を全て購入して読んでしまったので,それだけの魅力があるということで評価を上げた。
2021年12月28日
駅前スパイ チャーリー
3巻の中にコンパクトにテンポよくまとまっていて面白い。▼ とりあえずチャーリーはもっと金銭的に報われてほしい(笑)。
2021年12月27日
レビューフィルタ
12 3 ... 13