「きみはいい子~ADHDといわれて~」

鈴木直美は落ち着きがない息子、拓哉を働きながら一人で育てていた。小学校に入ると忘れ物が頻発したり、ボヤ騒ぎを起こしたりなどトラブル続きで直美は心を擦り減らしていく……。実話を基に母とADHDを患った息子の八年間の戦いを描いた感動ノンフィクション。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:たちばないさぎ

カテゴリ:女性漫画

出版社:ビーグリー

Loading...