アトピーが教えてくれたこと

「どうして治らないの?」と思っていたけれど… 自分を否定し、無理をして、頑張れば頑張るほど悪循環に。私にとってアトピーは、「もう休もうよ」のサインでした。悪化するアトピーで肌はボロボロ、心も荒んでいく高校3年生のぱふこ。それでもアトピー仲間や友人・家族の協力で、なんとか乗り越えようと暗中模索を繰り返した。そしてアトピーが悪化する、最大の理由に気づき…。著者自身の体験を描いた、実話コミックエッセイ。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:青山ぱふこ

カテゴリ:女性漫画

出版社:イースト・プレス

最終更新: 2016年2月11日

Loading...