小田原の栢山村の裕福な農家に生まれた金次郎。父は、村人たちにお金やお米を貸し、栢山の善人と呼ばれていた。そんなある日、村を川の氾濫が襲う。金次郎の家の田畑は流され、突然貧しい暮らしを迫られる…。薪を背負い、歩きながら読書に励む二宮金次郎。彼の苦悶の生涯にジョージ秋山が迫る力作!

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:ジョージ秋山

カテゴリ:青年漫画

出版社:eBookJapan Plus

Loading...