モナリザの影

61

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする
著者: 鈴木雅子
カテゴリ: 女性漫画
出版社: ビーグリー

眉目秀麗、頭脳明晰、性格明朗、秘書課の小夜花は誰もが認める完璧な女。短所らしい短所など見当たらず、彼女を虐めていた先輩秘書が事故に遭って入院した時も、小夜花は真っ先に先輩を気遣った。しかし、光が強くなればなるほど、影もまた濃くなると言うものだ。実はこの事故、小夜花の双子の妹の英里花が引き起こしたもの。これまでの人生でも、英里花はお人好しの小夜花の障害となる人物を排除し続けていて…。表題作含む、全4編の短編サスペンス。

この作品を読んでいる方へオススメ

ブタ女の逆襲~尾花有理 傑作集~
標的 便利屋「飛猫」依頼メモ
邪香―殺しの匂い―
ミモザ館の惨劇
殺意の残像
向こう側のあなた
影を殺した女
ガラスの動物園
闇色の万華鏡
午前0時にさよならのキスを
夜叉-やしゃ-
雨の朝会いにきて
Loading...