この子が生まれたら
私の世界は変わる

■瓦礫の中,ひとり空を見上げる少女の身体に小さな命が宿る。今日マチ子が描く,震災のあとを生きるということ。
■震災で父をなくし,母の行方も分からず,瓦礫の山となった街で生きる少女・ユキ。大きなお屋敷の主人にひきとられ,実子の百合子と共に娘のように可愛がられるが,やがてユキの妊娠が発覚し――。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:今日マチ子

カテゴリ:青年漫画

出版社:太田出版

最終更新: 2018年2月2日

Loading...