ぼくの胸が痛くても-GLASS-

会社帰りの公正は、自宅近くで行き倒れの青年を発見。放っておけなくて家に連れ帰ると、その青年――杏里は、そのまま居ついてしまう。名前以外は何も明かしてくれない杏里だが、ふたりの同居生活は順調だ。一緒にいることが心地よく、次第にお互いを想い合うようになっていく。しかし、偶然見た雑誌から、杏里が有名バンドのボーカルだと知ってしまい、公正はふたりの関係の終わりを予感して――!?

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:のもまりの

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

出版社:オークラ出版

最終更新: 2018年4月6日

Loading...