ひざまずいて、舐めないで~彼のあつい舌先~

「舐めろって命令だろ?」そんなつもりじゃ無かったのに、エロチックに私の足を舐めてくる彼。あつい舌が足先からだんだん上にきて、太ももをぬるぬると舐められると恥ずかしくってどうしたら…!!名家の一人娘の椿はお嬢様と言われ、周りから遠巻きにされて普通の友達の作り方も知らず…そんな不器用な自分が嫌で仕方なかった。クラスでいつも太陽のように笑い、友人たちに囲まれている理斗くんに憧れるけど彼に近づくことも出来ない。そんな時自宅のお屋敷のお手伝いさんが倒れ、その代わりで働いてくれることになったのは理斗くんで!?「命令」という名目で彼にされる背徳的な行為に、噛まれたところから気持ちよく痺れて…!【桃色日記】

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:堂森あじ

カテゴリ:TL(ティーンズラブ)

連載雑誌:スキして?桃色日記

出版社:ソルマーレ編集部

最終更新日: 2017年5月12日

Loading...
Loading...