大・正・麻・雀・浪・漫 あさすずめ

時は大正浪漫の頃、上海帰りの詩人、富村が持ち帰った小さな木箱…中に入っていたのはその後多くの人々を魅了する麻雀牌だった。麻雀を人があさすずめと呼んでしまう時代…大岡新作はその遊戯に全てをぶつけてゆく…

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:木村直巳

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:近代麻雀

出版社:竹書房

Loading...
Loading...