戸惑う指先、じらされて… -土方歳三-

京都の街の治安を守る新撰組の鬼の副長・土方歳三に想いをよせる屯所の娘・琴。「熱でもあるのか?」土方に顔を触れられ鼓動の高鳴りを覚える琴。からかうだけで手を出さない土方にもんもんとした気持ちが膨らんでいく。「手を伸ばせば届くのに、私…やっぱり魅力ないのかな?」

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:志波ひより

カテゴリ:TL(ティーンズラブ)

連載雑誌:桃・色・体・験 幕末ティーンズラブ

出版社:ソルマーレ編集部

最終更新: 2016年3月4日

Loading...