三国志

後漢末の中国、朝廷は修復不可能なほど腐敗していた。宦官や外戚による収賄政治がまかり通り、各地で農民による反乱が起こる。ついに太平道の張角らが信徒を煽動し大規模な一揆を起こす。黄巾の乱である。ここに乱世の幕が開く。性は劉、名は備、字は玄徳。劉備は関羽、張飛と兄弟の契りを交わし、共に群雄が割拠する覇道への一歩を踏み出した。

読んだ感想をシェアしよう!

ツイートする シェアする

書籍情報

著者:梶川良 大石賢一 河承男 北方謙三

カテゴリ:青年漫画

出版社:竹書房

最終更新日: 2015年10月10日

Loading...