特攻の島

レビュー一覧

息詰まる戦いの中で極限まで自分自身と対峙した青年達の記録。永遠に色褪せることはない。

本当に素晴らしい作品だと思います。
この事実を教えていただいたことに感謝します。

日本が負けるのわかってて読むから本当に辛すぎた。
何度も読むのを辞めようかと思ったが、実際にこのような事がそう遠くない過去にあった訳だし目を背けては気がして最後まで読み終えた。
もう二度とこのような悲劇がおこってはならない。
若い世代に読んでほしい。、

恐ろしく狂った戦争です。国=国民と考えれば、特攻隊の様な無茶な作戦は出てこないはずなのに。そんな遠くない過去にこの様な悲しい出来事があった事に驚きます。
漫画としては設定や心情がリアルで、怖いながらも惹きつけられました。多くの世代の人達に読んで貰って、戦争について今一度考えるきっかけになれば良いと思います。二度と起こって欲しくないから。

勝つために国のために散っていった方々。
この先が敗戦というのがわかっているがこそ、読んでいるのが途中で辛くなりました。
「彼らの死を無駄とするかは我々にかかっている」
本当にそう。何て表現したらいいかわからない。

こんな事が本当に日本であったのだと、若い世代に忘れずに、心に刻んで欲しい。戦争なんて、何一つ良い事なんてない。

生きてる人全員が読むべき物語だよね。戦争があれば、必ずこうして若い命が世界に散る。私たちの人生は、その屍の上に築かれたものでもある。今生きている人のなかに、誰一人として、身内にあの戦争を経験しなかったモノはいないんだから。それから考えたらいいさ。自分の命をどう使うのか、どう扱うのか。この命の尽きるまで。

誰しも自ら死ぬのは怖い事。そのために理由を探し、無理に自分を納得させて死んでいく様子は悲しすぎる。
改めてこんな時代が来ないように。戦争反対です。

普段小さなことで悩んだり落ち込んだりしていて、
それはそれで自然なことだけど、こういう作品を読んで、今の時代に生まれた幸せを感じ、この時代を作ってくれた人たちへ感謝することが大事だと思いました。

最初の自画像がアホのダインに見える

大津島に向かうフェリー乗り場の大きなパネルでこの漫画があるのを知り、読みました。作品はとても良い。凄く考えさせられる漫画です。

犠牲者数百万人、。
そのひとりひとりに、人生があって家族がいて
もちろん相手側にも。
切なすぎる
人の気持ちをこんなにも殺してしまう戦争は当たり前の言葉だけれども
「絶対反対」

特別攻撃隊と言えば“零戦”のイメージが強いですが、そこに至るまでに人間魚雷や人間爆弾など体当たり攻撃を目的とした兵器が何種類か作られていたそうです。
この作品では、10代後半~20代前半の学生が志願し、145名もの命が失われた“回天”にスポットを当て、回天とはどんなものか、詳細に記されている。
死に対する葛藤を見事なまでに表現した作品だと思いました。
この作品や戦争に関するマンガや小説やドラマや映画…
見て読んで知る事、そして学習する事で一人一人が考える力をつけれたらと思います。

悲しみが、いっぱいです
第二次世界大戦が舞台ですが登場人物たちの心情はいまの我々とゆうか、日本人にはいつもつきまとってるものでわないでしょうか

考えさせられる内容。
戦争で国の犠牲になった若者の無念に心が痛む。

登場人物たちが、とにかく躍動感に溢れていて、一気にこの世界に引き込まれました。戦争が持つ「辛いけど目を背けられない現実」が、緊迫したストーリー展開で描かれています。戦争は怖い、でも日本人として、日本で実際に起こったことから目を背けてはいけない、そんな想いに駆られながら読みました。大変考えさせられる作品でした。

伝説の回天
ゾクゾクしました

読み応えもあり
一気に読みました

戦争、平和
その時代と共に生きた人々
この人達がいたから
今があると思わせてくれる
物語ですね

史実にも触れていて戦争について考えさせられます。絵が魅力的で引き込まれます。

緊張感がスゴい

いよいよか!凄すぎる!

レビューを友達にシェアしよう!

ツイートする シェアする
Loading...