スキマ

『死役所』のレビュー

「人それぞれ」という言葉をとても身近に感じる本です。それぞれの人生模様が簡潔にまとめられているストーリーで読みやすく、中には深く考えさせられるものもあって、ついついやめられず読み続けてしまう....というような魅力があります。
2022年1月14日
ずっと前に書店で少し読んだことがあり気になっていたので続きを読めてとても嬉しいです。
2022年1月13日
面白い。 主人公の生前の話ききたい
2022年1月10日
おすすめ。読んだことなかったが内容が意外と深い。最初は単調な話が多く、ちょっと残念な雰囲気があったが、次第に深い内容になっていく感じ。
2022年1月9日
「ぼくらはみんな、死んでいる」 毎話考えさせられる。死をメインテーマに扱いつつ、その対極にある生とはなんなのか?を突きつけられます。物語の舞台となる死役所勤務の職員4名(全員が元死刑囚)をレギュラーに、毎話様々境遇で死亡したゲスト役が登場します。そのゲストの人生を振り返りつつ、なぜ死亡しなければならなかったのか、結果としての死をどのように受け入れていくのかが描かれます。 死という重いテーマ以外にも構成が個性的な作品。死亡から物語が始まるお話が多いため、結→起→承→転のような流れになります。そのため、読み手によっては投げっ放しと感じられる方も多いでしょう。明確にこうだ!という結論を描かれることが少ないため、読み手の想像力に負う部分が多く、そこが醍醐味の作品ともいえます。 レギュラー陣4名の生前の話がチラホラと挿入され、少しずつ過去が明らかになっていく手法が非常に秀逸。小出しに情報を開示していくことにより、先が気になる、さらに先を読みたくなる。挙げればキリがないですが、不思議な魅力が詰まっています。 人生が苦しいと感じている方にこそ読んでもらいたい作品。
2022年1月9日
好きな漫画ではあるけど、気遣いだけは納得できない。
2022年1月3日
何度も読み返したい話ばかりです。 基本的に電子書籍で読みたいのですが、 保存用に紙の書籍も購入検討中です。
2022年1月3日
面白いです。 考えさせられますし、後味が良くない話もありますがどこか切なさがあり、心に残ります。 個人的には各巻末の作者の業務報告も楽しみです(笑)
2021年12月2日
他のサイトで読んでいたのですがこちらが完結していたので読ませていただきました。不思議な物語ですが人間の真理が描かれていて素晴らしい作品です。
2021年12月1日
深い作品ですねえ
2021年11月26日
凄い胸糞悪い話から号泣する話まで色々あります。 そして死役所の職員の過去話もドキドキします。 続きが楽しみです。
2021年11月18日
以前紙媒体で購入していましたが、途中で読むのを辞めてしまったので続きが読めて嬉しいです。
2021年11月12日
死後の世界をシニカルに描いた作品
2021年11月11日
面白いです。
2021年10月25日
初期では死んだ後に死んだ周りの人がどうなったのかを描いてくれていたけど、だんだんと描かなくなっていった。後日談、結構好きだったので…全部に欲しかったな〜という気持ちです。
2021年10月21日
面白い面白くないは別話。 業務報告書が愉快ね〃
2021年10月13日
犯罪被害者です。読んで胸が痛くなりました。裁判では本当にあんなことをたくさん言われます。あずみきしさん、この話を書いてくださってありがとうございました。
2021年10月12日
各話、人生が詰まってるって感じの漫画です。
2021年10月12日
やはり底辺の家庭が、犯罪者を生み出す過程が、否めない。
2021年10月8日
毎話ごとその人の人生の終わりが描かれ、読みごたえがあります。
2021年10月6日
レビューフィルタ
12 3 ... 9