難病が教えてくれたこと3~身近な毒物と現代病~

レビュー一覧

めったにないことかもしれないが、意外と日常に潜んでいる難病。
日常のありがたみをわかります。

1話 わがまますぎる
自分が引っ越すべきだ

最終話のカビの話、とても怖かったです。
覚せい剤や、アルコール中毒等、実は身近なことなのかもしれないなと思いました。
とても考えさせるお話です。

身近にあるのに知らない病気を知ることが出来るので面白い。カビが怖いのは知っていたけどこれを読んで掃除に励もう

アレルギーは結構まわりにいるので勉強になって良かったです。

タイトル惹かれず読まずにいたが後悔!とておもしろかった

もやもや病?なんだそれ?
って思っていたので、この漫画を読んで理解できました。
アル中、ヤク中は同情できない反面、誰にでもなる可能性があると思いました。
ヤク中の漫画、旦那さんは妻はヤク中になり息子は母親側に行き気の毒です。

色々な病気があってビックリしました。いつ自分がなるのかもわからないですし、明日は我が身。最後の話のお父さんは最低すぎる。

お姑さんが素敵な最後のお話に感動しました、、

アルコール、タバコ、カビ…身近にあり過ぎて怖いなと。

いろいろな病気があるんですね。
自分は大丈夫など思いがちだけど少し気をつけて行かないとと思います。
勉強になりました。
マンガとしても面白いといって良いのかわからないけどオススメです。

息子に保険金かけて殺そうとするなんて恐ろしい。アレルギーや難病など知らなかったことがたくさん載っていて勉強になりました。でもアル中とヤク中だけは同情できません。

カビってこわいですよね。
私も以前住んでたマンションの日当たりが悪くカビだらけで、よく体調を崩してました。環境って大事ですね。

とても勉強になります。シンプルで頭に入ってきやすい

勉強になります!そして病気と仲良くしながら生活しなくてはならない事に、頭が下がります。時々幼い子供は使わない言葉を話す場面が有り、ご愛嬌と笑ってしまいます♪

自分以外には理解して貰えない病気を「怠け病」と簡単に言う人が多い中で、たくさんの方々が苦しんでいる...
現代では、そうした数々の症例が解明されてきているものの、まだまだ周知されていない。
ネットワークが普及した事で、専門科医や専門病院も増えてきましたが、遠くて通えない、お金が続かない、周囲の理解が得られないなどで治療どころか病名すら判らない...
この作品では、死に至るギリギリで理解して貰えていましたが、まずは自身が大袈裟かなとか、このくらいとか考えずにネットや本で調べる事が必要だと思いました。

どんな難病になってひどい目にあっても頑張って生きていれば救いがある、という内容の明るいストーリーがとても面白かったです!

不自然な会話が目立ってのめり込めなかった。
最後の話しなんかは小さな子供がそんな言葉を発するわけがない!と思わず突っ込みました。

難病は大変ですよね。

レビューを友達にシェアしよう!

Loading...