スキマ

『戦士の宴 -ミッドガルド・サーガ-』のレビュー

俺はヴァイキングや北欧神話が好きで、この『戦士の宴 ミッドガルド・サーガー』を読んだけど、一通り読んだ感想は「『ヴィンランド・サガ』とは全然違う」と思ったね。まぁこの作品はヴァイキングが主役じゃないことはわかっているけど、物語に血生臭さや暴力渡は薄いので、読み易いと思う。北欧神話が好きな方は読んで損のない作品だと思うね。ただ、物語が北欧神話だから多少の荒々しさはあるかな。余談だけど、物語の中にオーディンが登場するんだよね。で、このオーディン。何というか、“いぶし銀な爺さん”って具合に描かれているけど、北欧神話マニアの者としては、「オーディンって実際はいぶし銀な奴じゃないぞ」と思ってしまうんだよね(笑)。ま、少々複雑に思ってしまった訳だよ(笑)。
2021年8月1日
レビューフィルタ