犬木加奈子の血まみれ絵本

レビュー一覧

これを書いた当時、犬木先生若かったんだろうな。

懐かしくて怖かったと言うよりグロい。
でも、最近は書籍化出来ないぐらいグロいのもあるのでこれぐらいは大丈夫な範囲でしょうか?
今夜、夢に出てきそう!

この短編集はエグ過ぎて...
著者の他の作品を読んで、こちらもと思いましたが...
受け付けませんでした。ごめんなさい。

懐かしくなって読みました。犬木ワールド全開でした。

悪夢に出てきそうな絵だ。グロい。

初めて犬木加奈子に出会った時のことを思い出しながら読んだ。
実に犬木加奈子らしい、子供の悪夢のような、小さな恐怖とグロが詰まっている絵本。
黒と朱の2色刷りがレトロな感じでいい。
などと思いつつ読み進んでいたら、巻末に懐かしい「食卓の悪夢」が掲載されていた。
人面の木の実が弾けるシーンが、軽くトラウマになっているくらい好きな作品なので、嬉しかった。

ちょっとグロい。
短編集で読みやすかったです!
面白かった♪

犬木さんの作品は子供の残酷さを戒める作品が多いので、本当は怖いグリム童話のようで絵本にあっていました。

面白かったです。

レビューを友達にシェアしよう!

ツイートする シェアする
Loading...