ネタラシヌ~特殊生命刑105~(分冊版)



タグ: サスペンス 青年漫画

ネタラシヌ~特殊生命刑105~(分冊版) 【Episode1】

(39ページ)
【特殊生命刑105】の判決を受けた囚人たちが送り込まれる執行場――。そこは窓もなく陽の光も入らない、閉鎖された空間。モニターに映し出された、『カンシュ君』と名乗る者は、こういった「寝タラ死ヌヨ!」。取りつけられた爆破装置に眠りを感知されたら、囚人たちは一瞬にして木端微塵。寝た者からどんどん執行される非人道的な死刑・特殊生命刑105であったが、救いがただひとつある。それは、最後のひとりになったら死刑は免れ、外の世界に出られるということ――。

ネタラシヌ~特殊生命刑105~(分冊版) 【Episode2】

(27ページ)
【特殊生命刑105】の判決を受けた囚人たちが送り込まれる執行場――。そこは窓もなく陽の光も入らない、閉鎖された空間。モニターに映し出された、『カンシュ君』と名乗る者は、こういった「寝タラ死ヌヨ!」。取りつけられた爆破装置に眠りを感知されたら、囚人たちは一瞬にして木端微塵。寝た者からどんどん執行される非人道的な死刑・特殊生命刑105であったが、救いがただひとつある。それは、最後のひとりになったら死刑は免れ、外の世界に出られるということ――。

ネタラシヌ~特殊生命刑105~(分冊版) 【Episode3】

(29ページ)
【特殊生命刑105】の判決を受けた囚人たちが送り込まれる執行場――。そこは窓もなく陽の光も入らない、閉鎖された空間。モニターに映し出された、『カンシュ君』と名乗る者は、こういった「寝タラ死ヌヨ!」。取りつけられた爆破装置に眠りを感知されたら、囚人たちは一瞬にして木端微塵。寝た者からどんどん執行される非人道的な死刑・特殊生命刑105であったが、救いがただひとつある。それは、最後のひとりになったら死刑は免れ、外の世界に出られるということ――。

ネタラシヌ~特殊生命刑105~(分冊版) 【Episode4】

(29ページ)
【特殊生命刑105】の判決を受けた囚人たちが送り込まれる執行場――。そこは窓もなく陽の光も入らない、閉鎖された空間。モニターに映し出された、『カンシュ君』と名乗る者は、こういった「寝タラ死ヌヨ!」。取りつけられた爆破装置に眠りを感知されたら、囚人たちは一瞬にして木端微塵。寝た者からどんどん執行される非人道的な死刑・特殊生命刑105であったが、救いがただひとつある。それは、最後のひとりになったら死刑は免れ、外の世界に出られるということ――。



書籍情報(青年漫画)

著者: 了春刀

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:ぶんか社コミックス

出版社:ぶんか社

最新巻発売日: 2018年1月11日

【特殊生命刑105】の判決を受けた囚人たちが送り込まれる執行場――。そこは窓もなく陽の光も入らない、閉鎖された空間。モニターに映し出された、『カンシュ君』と名乗る者は、こういった「寝タラ死ヌヨ!」。取りつけられた爆破装置に眠りを感知されたら、囚人たちは一瞬にして木端微塵。寝た者からどんどん執行される非人道的な死刑・特殊生命刑105であったが、救いがただひとつある。それは、最後のひとりになったら死刑は免れ、外の世界に出られるということ――。


≫ 同じ出版社(ぶんか社)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じタグ(サスペンス)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す