イケナイ作家と仲居クン!

完結 ソフトアダルト(BL(ボーイズラブ))

タグ: 描き下ろし BL(ボーイズラブ) 恋愛 女性漫画 BL

イケナイ作家と仲居クン!(1)

(38ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?

イケナイ作家と仲居クン!(2)

(27ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?

イケナイ作家と仲居クン!(3)

(29ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?

イケナイ作家と仲居クン!(4)

(32ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?

イケナイ作家と仲居クン!(5)

(29ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?

イケナイ作家と仲居クン!(6)

(37ページ)
立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?



書籍情報(BL(ボーイズラブ))

著者: Kujow

カテゴリ:BL(ボーイズラブ)

連載雑誌:moment

出版社:シュークリーム

最新巻発売日: 2017年12月8日

立花伊織は女に不自由したことがない。
その実体験を元に官能小説を書いてみればデビューとなり、発表する作品は人気を博し、金遣いは派手になった。
しかし、ある理由からぱったりと筆が進まなくなり、療養の地として温泉宿へやって来たのだが…。
昔馴染みの女将に紹介された仲居の壮馬は、可愛らしい顔をしていた。だが男だ。せめて女だったらよかったのに――そこで脳裏に浮かんだのは、昼間見かけた、美しい踊り子の姿だった。
あの子なら、もしかしたら俺の悩みを…。
そう思い探して始めたものの、なかなか彼女は見つからない。
困り果てた伊織が壮馬に尋ねてみれば、知っているが教えられないという。
それは壮馬の秘密に直結していて……!?


≫ 同じ出版社(シュークリーム)の作品

≫ 同じカテゴリ(BL(ボーイズラブ))の作品

≫ 同じタグ(恋愛)の作品

≫ 同じタグ(描き下ろし)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す