悪だくみは木の上で



タグ: ファンタジー 少女漫画

悪だくみは木の上で

(199ページ)
真家幾子は幼い頃を過ごした街に帰ってきた。思い出の樟は健在で、木の精・翠とも再会できた。だが、あこがれていたおにーちゃんは駅を造るためその木を切ろうとする。翠は殺される位ならみんなを道づれにしてやる、と言う…。フシギでステキな緑の記憶ファンタジー。



書籍情報(少女漫画)

著者: 喜多尚江

カテゴリ:少女漫画

連載雑誌:花とゆめ

出版社:白泉社

最新巻発売日: 2016年9月10日

真家幾子は幼い頃を過ごした街に帰ってきた。思い出の樟は健在で、木の精・翠とも再会できた。だが、あこがれていたおにーちゃんは駅を造るためその木を切ろうとする。翠は殺される位ならみんなを道づれにしてやる、と言う…。フシギでステキな緑の記憶ファンタジー。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(白泉社)の作品

≫ 同じカテゴリ(少女漫画)の作品

≫ 同じタグ(ファンタジー)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す