霊感動物探偵社



タグ: ミステリー 女性漫画

霊感動物探偵社(1)

(288ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?

霊感動物探偵社(2)

(290ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?

霊感動物探偵社(3)

(290ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?

霊感動物探偵社(4)

(305ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?

霊感動物探偵社(5)

(321ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?

霊感動物探偵社(6)

(281ページ)
水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?




書籍情報(女性漫画)

著者: 山内規子

カテゴリ:女性漫画

出版社:青泉社

最新巻発売日: 2016年6月3日

水町立夏は霊感体質。だけども彼女の特異体質はそれだけじゃなくて、何故か異様に動物に好かれてしまうのだ。でも、幽霊が視えようが、どんなに動物に好かれようが、そんなのはたいした事じゃない。彼女の一番の特異体質は、いつも一緒の3匹の動物、犬のシキ、猫のルリ、カラスのクロハ、彼らと人語で会話が出来てしまう事なのだ…!?


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じ出版社(青泉社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す