タグ: ビジネス 少女漫画 10巻以上

あき姫(1)

(187ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(2)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(3)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(4)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(5)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(6)

(186ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(7)

(183ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(8)

(183ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(9)

(180ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(10)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(11)

(183ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(12)

(183ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(13)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(14)

(183ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(15)

(185ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(16)

(187ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(17)

(191ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。

あき姫(18)

(189ページ)
普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。



書籍情報(少女漫画)

著者: 佐伯かよの

カテゴリ:少女漫画

出版社:ビーグリー

最新巻発売日: 2016年5月27日

普段は地味で目立たない女子高生・瀬名生あき姫は、ひとたび制服を脱げば銀座に店を構える一流画廊の美人オーナーという、もう「一つの顔」があった。贋作の天才であり、絵画の価値や真贋を見抜く能力に長けた有能な画商として生きる目的は、無名の画家だった亡き父が自分自身を描いてくれた一枚の肖像画を探すことだった……。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少女漫画)の作品

≫ 同じ出版社(ビーグリー)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す