セカンド・マザー



タグ: ドラマ 女性漫画


セカンド・マザー~特別養子縁組という選択~

(159ページ)
なんとしても親になりたい――!! 不妊治療に限界を見た夫婦が「特別養子縁組」で親になるまでの試練を描く、家族・親子とは何かと問いかけるヒューマン・ストーリー! 44歳の律子は、不妊治療の限界を医師にいいわたされ、「親にはなれない」という現実の前に打ちひしがれる。そんな時、「里親里子制度」を知り、産めなくても親になるという選択があるという思いに至る。児童養護施設の職員との交流や同じ里親を希望する夫婦との出会いを通じて、里親になる決心を固めていく律子夫婦だった――。

セカンド・マザー~特別養子縁組という選択~ 2

(159ページ)
8年間という長い不妊治療に終止符を打った律子は、里親になることを考え始め、里親認定を受けた。その後、律子夫婦は1歳半の「ここな」という女児と交流するようになった。ようやくなじんでくれたここなを実子にする寸前で、「子供を返してほしい」と実親が現れ──? 家族、親子のあり方を問いかける感動のヒューマンドラマ!!

セカンド・マザー~ひかるの場合~

西田仁美は10年前に幼い一人息子・光太を事故で失った。その傷は今も癒えることはない。ある日、市役所の掲示板で児童養護施設の子供たちと触れ合うボランティアの募集を目にする。夫・圭吾に相談し、夫婦で参加することにした。やがて、二人は里親となってもう一度子育てをしたいと考えるようになる。夫婦の里子として候補に挙がったのは、ボランティアで出会った、心を閉ざしたままの光太に似た男の子・ひかるだった。家族とは? 親子とは? 多様化する現代の家族形態の在り方を描く感動ストーリー!!



書籍情報(女性漫画)

著者: あしだかおる

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:ストーリーな女たち

出版社:ぶんか社

最新巻発売日: 2017年2月16日

なんとしても親になりたい――!! 不妊治療に限界を見た夫婦が「特別養子縁組」で親になるまでの試練を描く、家族・親子とは何かと問いかけるヒューマン・ストーリー! 44歳の律子は、不妊治療の限界を医師にいいわたされ、「親にはなれない」という現実の前に打ちひしがれる。そんな時、「里親里子制度」を知り、産めなくても親になるという選択があるという思いに至る。児童養護施設の職員との交流や同じ里親を希望する夫婦との出会いを通じて、里親になる決心を固めていく律子夫婦だった――。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じ出版社(ぶんか社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す