コインロッカーのネジ。



タグ: ドラマ 少女漫画

コインロッカーのネジ。(1)

(202ページ)
決まり切った毎日を送る会社勤めの八坂弘は、ある日、駅でスリの子供に遭遇した。その子は弘の手首の傷痕を見て尋ねる、痛かった? と。その日、はじめて弘は無断欠勤する。その子はくしゃくしゃの紙切れに自分の名前を書いて弘にプレゼントした。紙切れには《ネジ》の文字……。二人の奇妙な共同生活は始まった……。

コインロッカーのネジ。(2)

(212ページ)
ネジの見る夢……駅のコインロッカーの中に住む赤ちゃんのアタシ。探し物をしてるのに何を探してるんだろうって思う……。赤ちゃんを駅のロッカーに捨てた女との出会いに、大事なものを探すことの意味を問う「わたしの部屋」のほかに、「空の人」「来年の春も 再来年の春も」「卵」、コメディ「主夫と生活」を収録した、傑作シリーズ第二弾!

コインロッカーのネジ。(3)

(212ページ)
街にサーカスがやってきた。目を輝かせるネジはそこで不思議な蛇男・カズイと出会った。カズイの胸にひそむ《母親》への苦しい想い……。長篇「蛇の血」のほかに、小川家の父と母の、死者への哀しく切ない想いを綴った「雪の伝言」「雪に咲く花」を収録。あの神已と木鳩への記憶が蘇る……。ほかに短篇「唇おいしい」も併録。

コインロッカーのネジ。(4)

(212ページ)
弘とネジの隣りの部屋に越してきた少年・アキ。彼は弘が部屋を天井から覗いていると文句をつけてきた……。《見られること》の不幸と、《見られないこと》の哀しみを描いた長篇「真夜中の羊」のほかに、病室で老人の首を絞める女性と出会ったネジを描く「痛い。」や、「オレンジの皮」「LESSON」「+-」を収録。

コインロッカーのネジ。(5)

(202ページ)
さまざまな人々との出会いと別れの中で、生きることの《痛み》と《哀しみ》を見つめ続けたネジの物語、ここに完結! 双子の女子高生を描く「半分の果実」、おばあちゃんのお見舞いに車で出かけた子供たちの冒険「子供たちに」、そして感動の最終話「コインロッカーのネジ。」。ほかに、短篇「S-エス-」、ショートコミック「コーフクのネジ」を収録。



書籍情報(少女漫画)

著者: こなみ詔子

カテゴリ:少女漫画

連載雑誌:ウィングス

出版社:新書館

最新巻発売日: 2016年3月18日

決まり切った毎日を送る会社勤めの八坂弘は、ある日、駅でスリの子供に遭遇した。その子は弘の手首の傷痕を見て尋ねる、痛かった? と。その日、はじめて弘は無断欠勤する。その子はくしゃくしゃの紙切れに自分の名前を書いて弘にプレゼントした。紙切れには《ネジ》の文字……。二人の奇妙な共同生活は始まった……。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少女漫画)の作品

≫ 同じ出版社(新書館)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す