タグ: ドラマ 青年漫画

ぶれいボーイ1

(296ページ)
電車内で喫煙していた女子高生のお尻をひんむいて、「せっかーン!!」と叫びながらひっぱたく着流しの男。彼、阿久津無事(あくづぶじ)は筑紫大学付属高校に赴任してきた日本史教師である。電車内で恥をかかされた鬼百合会番長・百合枝は、阿久津の登校を阻止しようとするが…!?

ぶれいボーイ2

(289ページ)
近所の子供たちにスキーをさせてやるために枯葉を土手の斜面に敷き詰めてゲレンデを作った狂気の日本史教師・阿久津。そしてゲレンデ作りの手伝いを強要された鬼百合会の面々は、子供達からゲレンデ利用料を取ろうと画策するが!?

ぶれいボーイ3

(290ページ)
いたいけな女子高生を不良男子生徒たちから守るために横浜の敬愛学園に赴任した阿久津。最近この学園の女子生徒がLSDやハイミナールなどのドラッグを使用させられたり、妊娠させられたりしていた。はたして阿久津は“防疫教師”の任務を果たせるのか!?

ぶれいボーイ4

(306ページ)
阿久津の授業中に突然倒れ、病院に運ばれた転校生・池田。そして間もなく子宮外妊娠による卵管破裂で死亡。医者によると池田はパイパンであったらしい。くわえてアソコに電気ゴテか何かによる火傷の“ひっつれ”があり、その火傷の跡が“川口”という文字に読めたという。これは不良グループによるリンチの一つではないかと思った阿久津は、池田の母親がいる京都へと向かうが…。

ぶれいボーイ5

(262ページ)
敬愛学園の教師を辞めた阿久津は高校生たちの全てを知り、それを今後の教育に反映させるために高校二年生として編入学する。彼が入った昭和市の昭和青雲高校はライバルの城北高校と地元の盛り場“昭和銀座”のシマを賭けて喧嘩、そこへ漁夫の利を得ようと割って入った関東スケバン連合であったが…。彼女たちが過去に自分に世話になり、頭が上がらないことを利用して急遽自らが昭和青雲の番長になることを提案、強引に受け入れさせる。そして、「男と女は互いの領分を守ってさ。仲良くやってさ。それで世の中は平和になるんだからさ。青春のシマは世界中だよ。地球全部だよ。いや宇宙全部だよ。」と言い放ち、またも強引に事態を収拾させるが…。




書籍情報(青年漫画)

著者: 芳谷圭児 小池一夫

カテゴリ:青年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2016年1月22日

電車内で喫煙していた女子高生のお尻をひんむいて、「せっかーン!!」と叫びながらひっぱたく着流しの男。彼、阿久津無事(あくづぶじ)は筑紫大学付属高校に赴任してきた日本史教師である。電車内で恥をかかされた鬼百合会番長・百合枝は、阿久津の登校を阻止しようとするが…!?


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す