タグ: ドラマ 女性漫画


花咲ける孤独

(192ページ)
元祖“こじらせ系”の魂は、時代を越えて受け継がれていく……

1992年、24歳で自らの命を絶った伝説の漫画家、山田花子のコミックが、待望の電子化

“バカ”“ブサイク”“ビンボウ”の三重苦を抱え、クラス全員からゲロ呼ばわりされる山田花吉と、彼にしか見えない美少女ヒカルが主人公の、「ノゾミカナエタマエ」シリーズ、オーダーが上手く取れないなどの理由でクビとなる喫茶店アルバイトの経験を描いた、「心の暗闇」シリーズをはじめ、「マリアの肛門」「みんな燃えてしまえ」「悲しきダメ人間」など、ヤングチャンピオンやガロに発表の短編を中心に編まれた『花咲ける孤独』。

“今、コイツのタバコを奪って目ン玉に押しつけたらどうなるだろう……

対人関係に疎外と鬱屈を抱えながらも爆発できず遂には自家中毒を起こしてしまった作家の観察眼は、現在も古びていない。

何気ない日常生活に潜む些細な心の動きを鋭く炙り出し、人間の見たくない部分を突き付ける傑作オムニバス集。




書籍情報(女性漫画)

著者: 山田花子

カテゴリ:女性漫画

出版社:ゴマブックス

最新巻発売日: 2016年1月15日

元祖“こじらせ系”の魂は、時代を越えて受け継がれていく……

1992年、24歳で自らの命を絶った伝説の漫画家、山田花子のコミックが、待望の電子化

“バカ”“ブサイク”“ビンボウ”の三重苦を抱え、クラス全員からゲロ呼ばわりされる山田花吉と、彼にしか見えない美少女ヒカルが主人公の、「ノゾミカナエタマエ」シリーズ、オーダーが上手く取れないなどの理由でクビとなる喫茶店アルバイトの経験を描いた、「心の暗闇」シリーズをはじめ、「マリアの肛門」「みんな燃えてしまえ」「悲しきダメ人間」など、ヤングチャンピオンやガロに発表の短編を中心に編まれた『花咲ける孤独』。

“今、コイツのタバコを奪って目ン玉に押しつけたらどうなるだろう……

対人関係に疎外と鬱屈を抱えながらも爆発できず遂には自家中毒を起こしてしまった作家の観察眼は、現在も古びていない。

何気ない日常生活に潜む些細な心の動きを鋭く炙り出し、人間の見たくない部分を突き付ける傑作オムニバス集。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じ出版社(ゴマブックス)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す