児童養護施設の子どもたち

完結済

タグ: 女性漫画 実話

児童養護施設の子どもたち1~哀しみの現実~

(189ページ)
私は生まれちゃいけなかったの? お母さんは私がキライ。小学校に上がった日も御馳走どころかごはんも出ずに、流しの生ごみをそっと口に入れた。身体を縛られ口をガムテープでふさがれた恵子ちゃんが生きるために必死にできたことは、母が縛り忘れた足で窓を突き破り外の世界に出ることだけだった――。与えられるべき愛情をもらえない子供たちが、地獄のような日々を送りながらも自分で生きていく希望を見出す。「児童虐待」をテーマにした社会派コミック。

児童養護施設の子どもたち2~わたしたちの未来~

(179ページ)
養護施設で暮らす恵子ちゃんの眼に映る偽善的な大人、自己否定で覆われた同級生、いい顔ばかりして人を平気で傷つける父親etc…。少女は、厳しい現実もすべて受け入れ自分の力で未来を切り開いていく人間に成長していた。児童虐待問題をテーマにしたシリーズほか、モンスターペアレントやゴミ屋敷問題を強烈であたたかなストーリーで描き出す社会派コミック。



書籍情報(女性漫画)

著者: 榎本由美

カテゴリ:女性漫画

出版社:ぶんか社

最新巻発売日: 2015年12月25日

私は生まれちゃいけなかったの? お母さんは私がキライ。小学校に上がった日も御馳走どころかごはんも出ずに、流しの生ごみをそっと口に入れた。身体を縛られ口をガムテープでふさがれた恵子ちゃんが生きるために必死にできたことは、母が縛り忘れた足で窓を突き破り外の世界に出ることだけだった――。与えられるべき愛情をもらえない子供たちが、地獄のような日々を送りながらも自分で生きていく希望を見出す。「児童虐待」をテーマにした社会派コミック。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じ出版社(ぶんか社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す