タグ: 青年漫画 ドラマ


銭ゲバ 壱

(228ページ)
人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

<著者情報>
ジョージ秋山(じょーじ・あきやま)
1943年生まれ。1966年に別冊少年マガジン「ガイコツくん」でデビュー。人間を赤裸々に描く漫画で常に注目を浴び、70年には「銭ゲバ」「アシュラ」「日本列島蝦蟇蛙」などの問題作を次々に発表する。73年から始まった「浮浪雲」は、30年以上経った今も連載が続き、単行本も80巻に達するロングセラーとなる。同作品で第24回小学館漫画賞を受賞。また、「銭ゲバ」「浮浪雲」「恋子の毎日」といった多くの作品がドラマ化、映画化されるなど、その人気は多方面にわたる。

銭ゲバ 弐

(211ページ)
人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

<著者情報>
ジョージ秋山(じょーじ・あきやま)
1943年生まれ。1967年に別冊少年マガジン「ガイコツくん」でデビュー。人間を赤裸々に描く漫画で常に注目を浴び、70年には「銭ゲバ」「アシュラ」「日本列島蝦蟇蛙」などの問題作を次々に発表する。73年から始まった「浮浪雲」は、30年以上経った今も連載が続き、単行本も80巻に達するロングセラーとなる。同作品で第24回小学館漫画賞を受賞。また、「銭ゲバ」「浮浪雲」「恋子の毎日」といった多くの作品がドラマ化、映画化されるなど、その人気は多方面にわたる。

銭ゲバ 参

(228ページ)
人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

<著者情報>
ジョージ秋山(じょーじ・あきやま)
1943年生まれ。1968年に別冊少年マガジン「ガイコツくん」でデビュー。人間を赤裸々に描く漫画で常に注目を浴び、70年には「銭ゲバ」「アシュラ」「日本列島蝦蟇蛙」などの問題作を次々に発表する。73年から始まった「浮浪雲」は、30年以上経った今も連載が続き、単行本も80巻に達するロングセラーとなる。同作品で第24回小学館漫画賞を受賞。また、「銭ゲバ」「浮浪雲」「恋子の毎日」といった多くの作品がドラマ化、映画化されるなど、その人気は多方面にわたる。

銭ゲバ 四

(228ページ)
人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

<著者情報>
ジョージ秋山(じょーじ・あきやま)
1943年生まれ。1969年に別冊少年マガジン「ガイコツくん」でデビュー。人間を赤裸々に描く漫画で常に注目を浴び、70年には「銭ゲバ」「アシュラ」「日本列島蝦蟇蛙」などの問題作を次々に発表する。73年から始まった「浮浪雲」は、30年以上経った今も連載が続き、単行本も80巻に達するロングセラーとなる。同作品で第24回小学館漫画賞を受賞。また、「銭ゲバ」「浮浪雲」「恋子の毎日」といった多くの作品がドラマ化、映画化されるなど、その人気は多方面にわたる。




書籍情報(青年漫画)

著者: ジョージ秋山

カテゴリ:青年漫画

出版社:ゴマブックス

最新巻発売日: 2015年12月4日

人間の醜い部分を克明に描いた、ジョージ秋山の代表作!!

貧しさ故に病気の母を亡くした風太郎は、「金こそすべて」と、金のために生きることを決意。
大会社の社長のイスを手に入れた風太郎だったが、そのために何人も殺し、恨みを買い、刑事につきまとわれる日々。
金があっても風太郎に平穏が訪れることはない――。人間の心の闇を鋭く描く、ジョージ秋山の代表作!

<著者情報>
ジョージ秋山(じょーじ・あきやま)
1943年生まれ。1966年に別冊少年マガジン「ガイコツくん」でデビュー。人間を赤裸々に描く漫画で常に注目を浴び、70年には「銭ゲバ」「アシュラ」「日本列島蝦蟇蛙」などの問題作を次々に発表する。73年から始まった「浮浪雲」は、30年以上経った今も連載が続き、単行本も80巻に達するロングセラーとなる。同作品で第24回小学館漫画賞を受賞。また、「銭ゲバ」「浮浪雲」「恋子の毎日」といった多くの作品がドラマ化、映画化されるなど、その人気は多方面にわたる。


≫ 同じ著者の作品
アシュラ
銭ゲバの娘 プーコ
ブルースの錠
日本列島蝦蟇蛙
銭ゲバ
フィッシュ・ラーゲ
ピンクのカーテン2
ピンクのカーテン
ドブゲロサマ
アマゾンくん
WHO are YOU 中年ジョージ秋山物語
青の洞門

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
メタラブ
束縛愛~彼氏を引きこもらせる100の方法~
シグナル100
無邪気の楽園
エリート!!~Expert Latitudinous Investigation TEam~
不可視戯トライアング
nude~AV女優みひろ誕生物語~
タイヘン・ヘンタイ
バジリスク~甲賀忍法帖~
むこうぶち外伝 EZAKI
ハンツー×トラッシュ
眠れる教室の喪女

≫ 同じ出版社(ゴマブックス)の作品
Dream 夢
春日局
森一族
きゅーてぃくるジャンキー
まるごし刑事 デラックス版
Changeling 嫁と姑
離婚時代スペシャル
蒼き宇宙より君へ
華と修羅
喪失時代
時空間神話
女の仲間に男がひとり

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す