今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね



タグ: 少年漫画 ミステリー サスペンス

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(1)

(170ページ)
「俺は君を殺したい」――神城卓(かみしろ・たく)の花園魅香(はなぞの・みか)への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する――壮絶なストーリー展開に括目せよ!!

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(2)

(185ページ)
この世界は、どうしてこんなに理不尽なんだ――“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した神城卓は、幼なじみ・花園魅香を殺しかかってしまう。同じく“殺意”を持つ教師・厚見と同級生の山田に拉致された花園を救うべく、神城は相手を「洞察する」眼の力を覚醒させ、山田を退ける。残る厚見と対峙する刹那、横からの一撃にブラックアウトしてしまう。眼を覚ますと、花園が縛られていたはずの椅子には骨と化した死体が……。

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(3)

(199ページ)
目を逸らさずに見て欲しい衝撃のラスト10ページを…予測不可能なダーク・ラブ≒サスペンス、いま全てが繋がる――学園祭、開幕――神城は片想いの相手・花園を守るべく、感染者を追うが、突如、複数のバラバラ死体が空から降ってきたことで、校内に感染者が複数人いることを知る。一方、花園は友人の園葉から殺意(=愛)を向けられ――“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状に感染した者たちの“祭”が始まる…

今夜は月が綺麗ですが、とりあえず死ね(4)

(189ページ)
どうか私を許さないで。それは、想い人からの突然の告白――。哀哭のダーク・ラブ≒サスペンスは、さらに加速していく。“恋”が“殺意”に侵されてしまう症状が蔓延しつつある世界。そんな症状に感染してしまった少年・神城卓のストーリーは、最悪の事実で一度、幕を閉じる。あれから1か月――神城は、花園はいったい……



書籍情報(少年漫画)

著者: 要マジュロ 榊原宗々

カテゴリ:少年漫画

連載雑誌:少年マガジンR

出版社:講談社

最新巻発売日: 2017年3月17日

「俺は君を殺したい」――神城卓(かみしろ・たく)の花園魅香(はなぞの・みか)への想いは単なる片思いだった。そう、ある日を境に突然“殺意”へと変じるまでは……。次のページで何が起きるのか全く予想できない! 1話で驚愕し、2話で絶望し、3話で慟哭する――壮絶なストーリー展開に括目せよ!!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す