マリアージュ~神の雫 最終章~



タグ: グルメ 青年漫画

マリアージュ~神の雫 最終章~(1)

(195ページ)
永きに亘る探求の旅がついに終わりを迎える…。世界的ワイン評論家・神咲豊多香(かんざき・ゆたか)の遺した言葉が〈天上のワイン・神の雫〉に至る道標となる! ワインの武者修行を経て成長を遂げた雫が料理とワインの『マリアージュ』に挑む。そして『神の雫』を巡る遠峰との最終戦がついに始まる!

マリアージュ~神の雫 最終章~(2)

(229ページ)
天才ワイン評論家・遠峰一青と『神の雫』を巡る戦いを繰り広げ、引き分けに持ち込んだ神咲雫。1年後、神咲邸で雫は遠峰と再会を果たす。そこで待ち受けていた将校(オフィシエ)を名乗る7人の『神の雫騎士団』が二人に試練を課す。基本中の基本にして、最も難しい「ワインとチーズのマリアージュ」。ワイン武者修行で鍛えた雫の実力が今、明らかになる!

マリアージュ~神の雫 最終章~(3)

(197ページ)
カリスマワイン評論家・遠峰一青と、ワインに対する天才的な嗅覚を持つ神咲雫。『神の雫』を巡る2人の戦いは最終章へ。「神の雫騎士団」から課された資格審査をパスし、神崎豊多香の残した『神の雫』の記述の争奪がいよいよ始まる。その戦いに備え、雫はこれからの課題となる、ワインと料理のマリアージュに対する嗅覚を研ぎ澄ませていく。その最初の課題となる料理は、実はワインと合わせにくいと言われるカレー!

マリアージュ~神の雫 最終章~(4)

(197ページ)
ワインに対する天才的な嗅覚を持つ神咲雫(かんざき・しずく)は、『神の雫』を巡る最後の戦いのため、各地を放浪し、料理とワインの「マリアージュ」(最良の組み合わせ)を探る修行の身。そして現在は洋風居酒屋・ママミーヤに籍を置き、その店が参加したイベントの課題、「寿司とワインのマリアージュ」に挑むことに。

マリアージュ~神の雫 最終章~(5)

(197ページ)
ワインに対する天才的な嗅覚を持つ神咲雫は、洋風居酒屋・ママミーヤに籍を置き、その店が参加した〈東京ダイン&ワイン〉での決勝戦・「寿司とワインのマリーアジュ」バトルに挑む。5品の寿司に対し、最良と思われるワインを出すという、この勝負。決勝に残ったビストロ9とアングレームそしてママミーヤは、審査員たちの想像を超えるものを出し、高次元の戦いを繰り広げてきたが!?

マリアージュ~神の雫 最終章~(6)

(193ページ)
『神の雫騎士団』から新たに出された課題。それは4品からなるフランス料理のコースにマリアージュする4つのワインを見つけ出すこと! シンプルだが奥深いその4つの“難題”を解いた者が、『神の雫』が描写された7枚の記述のうち4枚を手中にできる――!

マリアージュ~神の雫 最終章~(7)

(195ページ)
『神の雫騎士団』から新たに出された課題。それは4品からなるフランス料理のコースにマリアージュする4つのワインを見つけ出すこと! そのためにも「鮭のヴァンブランソース」と「プレ・サレ仔羊のロースト」という課題が、それぞれどのような調理法をされるものか探っていく雫だが!?



書籍情報(青年漫画)

著者: 亜樹直 オキモト・シュウ

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:モーニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2017年4月21日 / 次回更新日: 2017年7月21日

永きに亘る探求の旅がついに終わりを迎える…。世界的ワイン評論家・神咲豊多香(かんざき・ゆたか)の遺した言葉が〈天上のワイン・神の雫〉に至る道標となる! ワインの武者修行を経て成長を遂げた雫が料理とワインの『マリアージュ』に挑む。そして『神の雫』を巡る遠峰との最終戦がついに始まる!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す