お見送りいたします

ソフトアダルト(女性漫画)

タグ: ドラマ 女性漫画

お見送りいたします1巻

(291ページ)
父をお見送りしてくれたヒトに僕は恋をした…!突然父親を亡くした中学3年生の戸叶望は、葬式の時に会った葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をした。ヒカリに近づきたいがために、さざなみ葬祭社でバイトをすることを決意する望だが…。新米“おくりびと”が見た、愛と涙と笑い!!

お見送りいたします2巻

(165ページ)
中学3年生の戸叶望は、突然病気で亡くなった父親の葬式で、葬儀屋「さざなみ葬祭社」の雲居野ヒカリに出会った。彼女のことが忘れられないでいると、父親の1周忌で彼女と再会。もっとヒカリに近づきたいがために、さざなみ葬祭社でバイトをすることを決意した望。新米バイトの葬儀屋として働きつつ、ヒカリにアタックを開始するが、彼女には恋人がいるという噂や、天涯孤独だという噂もあって、その過去はまだ謎に包まれているのであった…。

お見送りいたします3巻

(165ページ)
父親を亡くした戸叶望は、葬式の時に親身な対応をしてくれた葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をする。彼女を追う形で「さざなみ葬祭社」でアルバイトを始め、ヒカリに恋心を募らせていく日々。そんなある日、ヒカリは生前予約をしにきた有島という男を見てショックを受ける。彼はかつて恋人だった男で、余命いくばくもないというのであった。その後、ヒカリは亡くなった有島を見送るものの、立ち直れなくなってしまう。望はそんな彼女にプロポーズしてOKをもらうが、ヒカリはそれがただ悲しさから逃れたいがためだったと気づき、結局プロポーズを断ったのだった…。

お見送りいたします4巻

(157ページ)
父親を亡くした戸叶望は、葬式の時に親身な対応をしてくれた葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をする。彼女を追う形で「さざなみ葬祭社」でアルバイトを始め親交を深めていったものの、元恋人・有島慎二の葬儀に立ち会ったヒカリは並々ならぬショックを受ける。傷心の彼女に望はプロポーズするが結局断られ、「さざなみ婚礼」に異動することとなった。そこで出会った取手小町の祖母が亡くなり、望が葬儀を行った。祖母と仲が良かった小町は、寂しさをどう埋めればよいのかと、偶然であったヒカリに問う。ヒカリは、「働けば寂しさを埋められる」と答え、小町は「さざなみ葬祭」で働くことを決めたのだった。

お見送りいたします5巻

(165ページ)
父親を亡くした戸叶望は、葬式の時に親身な対応をしてくれた葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をし、彼女を追う形で「さざなみ葬祭社」でアルバイトを始めた。徐々に親交を深め、プロポーズしたものの、元恋人の死が原因で傷心のヒカリに断られ、一定期間「さざなみ婚礼」に異動することになってしまった。そこで模擬結婚式の新婦役を務めた死体大好き娘・取手小町と知り合う。小町は愛する祖母の葬儀を行った「さざなみ葬祭」で働くことで悲しみから立ち直ろうとし、望たちを振り回しながらも葬儀屋としての才能を発揮。また、ヒカリも望の真剣な想いに心を許していくが…!?

お見送りいたします6巻

(127ページ)
父親を亡くした戸叶望は、葬式の時に親身な対応をしてくれた葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をし、彼女を追う形で「さざなみ葬祭社」でアルバイトを始めた。徐々に親交を深め、プロポーズしたものの、元恋人の死が原因で傷心のヒカリに断られ、一定期間「さざなみ婚礼」に異動することになってしまった。そこで模擬結婚式の新婦役を務めた死体大好き娘・取手小町と知り合う。小町は愛する祖母の葬儀を行った「さざなみ葬祭」で働くことで悲しみから立ち直ることができた。また、ヒカリも望の真剣な想いに心を許し、ふたりは晴れて「年の差カップル」となったが…。



書籍情報(女性漫画)

著者: 円山みやこ

カテゴリ:女性漫画

出版社:ぶんか社

最新巻発売日: 2016年6月17日

父をお見送りしてくれたヒトに僕は恋をした…!突然父親を亡くした中学3年生の戸叶望は、葬式の時に会った葬儀屋の雲居野ヒカリに恋をした。ヒカリに近づきたいがために、さざなみ葬祭社でバイトをすることを決意する望だが…。新米“おくりびと”が見た、愛と涙と笑い!!


≫ 同じ出版社(ぶんか社)の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じタグ(ドラマ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す