疼く春 分冊版



タグ: 女性漫画 歴史

疼く春 分冊版(1)

期間限定¥0 (通常価格:¥100) 2017年12月21日まで

(41ページ)
時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。追われ、逃げ延び、焦がれ、傷つき、その果てを探す男と女の物語がいま、幕を開ける──。

疼く春 分冊版(2)

(41ページ)
時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。革命のため、長州のために生きてきた晋作は、己の心がおうのに掻き乱される理由がわからず……?

疼く春 分冊版(3)

(41ページ)
時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。革命のために生きて死ぬ筈が、それ以上におうのの存在が大きくなっていることに気づく晋作。だが、想いに蓋をするように、おうのを突き放し…?

疼く春 分冊版(4)

(43ページ)
時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。その答えが、いまここに! 攫わせたおうのを探す晋作。ぶたれることでしか、愛を確認できないと思い込むおうの。二人の恋の結末は──!?



書籍情報(女性漫画)

著者: 会田薫

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:ITAN

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月27日

時は幕末。命を狙われた革命家・高杉晋作は、長州を離れ、馴染みの芸妓・おうのを偽りの妻として身を隠していた。革命の渦から距離をとり、ただの男として日々を過ごす中、晋作の胸を疼かせる、ある問い──。自分は、なぜこの女を連れてきたのか。この女は、なぜ自分についてきたのか。追われ、逃げ延び、焦がれ、傷つき、その果てを探す男と女の物語がいま、幕を開ける──。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じタグ(歴史)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す