村祀り

ソフトアダルト(メンズ)

タグ: メンズ 青年漫画 サスペンス

村祀り 1巻

(199ページ)
“蛇の村に蛇の眼あり”流浪の学者、三神が異国のブローカーと訪れたのは蛇神を信仰する「忍冬村」。陸の孤島で一週間を過ごすことになった彼らは、世にもおぞましいものを目にする…。『江戸川乱歩異人館』の山口譲司が贈る日本幽村奇譚!!

村祀り 2巻

(199ページ)
鉱山ブームの夢の址、今はすっかり寂れた「狸穴村」を訪れた三神は消息不明の恩師を捜す女に出会う。二人の様子をじっと窺うのは、ガスマスク姿の小さな影…。『冥洞の村』『呪仏の村』『海蜘蛛の村』を収録した現代日本の幽村を往く蠱惑の伝奇ミステリー!!

村祀り 3巻

(191ページ)
南方に浮かぶ「王仁島」。ある目的を持ってここへ赴いた三神は海岸で異様に長い手足を持つ死骸らしきものを目撃する。それは島の“聖域”で女だけが営む秘事と深い関わりがあり…!? かつて流刑地だった島で淫らな欲望が渦巻く男子禁制の祀りが始まる…。

村祀り 4巻

(191ページ)
かつての恋人との因縁がある黒い仏像を探す三神は助手の園山と共に牛首村を訪問。園山の故郷である村に漂う閉塞感に警戒を強める三神だが、尼僧が殺害される事件が起こる。嫌疑をかけられた三神の身代わりになった園山を待つのは、あまりに過酷な儀式だった。

村祀り 5巻

(191ページ)
首桶は湖畔の村に眠る…。アフリカ、ナイル川のほとりで「マサカドの宝」を欲するコレクターの依頼を受けた三神と蓬莱。日本三大怨霊と言われる平将門の首塚を探して湖に臨む「天海村」に赴いた二人は、村のサナトリウムへ潜入する。そこで出会ったのは妖艶な女医といわくありげな老人で…!?



書籍情報(メンズ)

著者: 山口譲司 木口銀

カテゴリ:メンズ

連載雑誌:週刊漫画TIMES

出版社:芳文社

最新巻発売日: 2017年4月6日

“蛇の村に蛇の眼あり”流浪の学者、三神が異国のブローカーと訪れたのは蛇神を信仰する「忍冬村」。陸の孤島で一週間を過ごすことになった彼らは、世にもおぞましいものを目にする…。『江戸川乱歩異人館』の山口譲司が贈る日本幽村奇譚!!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(メンズ)の作品

≫ 同じ出版社(芳文社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す