タグ: 少年漫画 ドラマ

のら犬の丘(1)

(193ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(2)

(213ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(3)

(209ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(4)

(186ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(5)

(172ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(6)

(197ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(7)

(203ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。

のら犬の丘(8)

(192ページ)
愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。




書籍情報(少年漫画)

著者: 石井いさみ 真樹日佐夫

カテゴリ:少年漫画

出版社:ゴマブックス

最新巻発売日: 2015年11月28日

愛情への飢餓感と大人たちに対する強い不信感をもつ主人公・団虎太少年。感化院で出会う仲間や宿敵そしてボクシングを通じ、もがき苦しみながらも成長していく様をクールな原作と躍動感溢れるタッチで描ききった。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(ゴマブックス)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す