ミナミの帝王ヤング編利権空港



タグ: ビジネス 青年漫画

ミナミの帝王ヤング編利権空港 1

(213ページ)
巨大な悪・阿久津天勝の罠によって、間接的ではあるが両親を失い、自暴自棄になった銀次郎が、その執念によって阿久津天勝を滅ぼすまでを描いた『ヤング編』の続編となるのが『ミナミの帝王ヤング編 利権空港』である。表舞台から去り、ミナミの街にやって来た銀次郎は、未来のヤクザの大親分・沢木大樹と出会う。銀次郎は、沢木の夢を叶えるべくもう一度、銭の世界へ戻る。今度の敵は、巨大国家事業だ!

ミナミの帝王ヤング編利権空港 2

(199ページ)
ミナミの街で銀次郎が出会った沢木大樹というヤクザ。 金も頭もないが、人望と度量がある沢木に、銀次郎は未来の大親分の片鱗を見る。 銀次郎は沢木とともに、新空港建設に沸く城南市へと向かう。地上げによって沢木に巨万の富を築かせようとするためだった。 ひょんなことから二人は、地上げ対象の農家のやっかいになることに。地上げに来たはずなのに…。 その矢先、農家の娘・栄子が、地元のヤクザ・横嶋組に捕らえられた!! 銀次郎と沢木は怒りに燃える!! 痛快無比のヤング編、待望の第2巻!!

ミナミの帝王ヤング編利権空港 3

(223ページ)
空前絶後の人気シリーズ『ミナミの帝王』の主人公・萬田銀次郎の若き日を描いた『ミナミの帝王ヤング編』。その第2弾となる『ミナミの帝王ヤング編利権空港』の完結編。新国際空港建設に沸く大阪は城南市。その平和な街で繰り広げられる漁師とヤクザの抗争劇も佳境に! 圧倒的な暴力で、地元漁師を駆逐するヤクザに挑む、銀次郎と未来の大親分・沢木の運命は?




書籍情報(青年漫画)

著者: 郷力也 天王寺大

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:別冊漫画ゴラク

出版社:日本文芸社

最新巻発売日: 2015年10月23日

巨大な悪・阿久津天勝の罠によって、間接的ではあるが両親を失い、自暴自棄になった銀次郎が、その執念によって阿久津天勝を滅ぼすまでを描いた『ヤング編』の続編となるのが『ミナミの帝王ヤング編 利権空港』である。表舞台から去り、ミナミの街にやって来た銀次郎は、未来のヤクザの大親分・沢木大樹と出会う。銀次郎は、沢木の夢を叶えるべくもう一度、銭の世界へ戻る。今度の敵は、巨大国家事業だ!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(日本文芸社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す