【マンガ訳】太宰治



タグ: 青年漫画 短編集

【マンガ訳】太宰治

(170ページ)
時代を超えて愛され続ける太宰治の傑作短編を、気鋭の漫画家たちが独自の解釈で【マンガ訳】(コミカライズ)。波瀾の生涯を駆け抜けた無頼の天才に捧げるオマージュ。豪華執筆陣が描く、新たな「太宰」の世界。「姥捨」×岡田屋鉄蔵(「ひらひら 国芳一門浮世譚」)、「恥」×マキヒロチ(「いつかティファニーで朝食を」)、「悶悶日記」×うめ(「大東京トイボックス」)、「親友交歓」×羽生生純(「恋の門」)、「皮膚と心」×坂井恵理(「ヒヤマケンタロウの妊娠」)、「ダス・ゲマイネ」×旅井とり(「めしばな刑事タチバナ」)、「誰も知らぬ」×あさのゆきこ(「閃光少女」)、「葉」×サダカネアイコ(「青春デンデケデケデケ」)。さらに、原作となった小説を「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」でおなじみの渋谷直角が解説(渋谷直角「太宰治に高校時代傾倒したけど酔ってただけであんまりよくわかってなかった男による解説」)。原作に忠実に描かれた作品もあり、現代版にアレンジした作品あり、そして…原作をとどめないくらい大胆に意訳した作品ありの読みごたえある一冊。太宰治にハマった、ハマっている人も、一度も読んだことがないという人も楽しめます。そう、太宰治……「かれは、人を喜ばせるのが、何よりも好きであった!」(「正義と微笑」より)。



書籍情報(青年漫画)

著者: 羽生生純 うめ マキヒロチ マツオヒロミ 岡田屋鉄蔵 渋谷直角 旅井とり 坂井恵理 あさのゆきこ サダカネアイコ

カテゴリ:青年漫画

出版社:実業之日本社

最新巻発売日: 2015年10月2日

時代を超えて愛され続ける太宰治の傑作短編を、気鋭の漫画家たちが独自の解釈で【マンガ訳】(コミカライズ)。波瀾の生涯を駆け抜けた無頼の天才に捧げるオマージュ。豪華執筆陣が描く、新たな「太宰」の世界。「姥捨」×岡田屋鉄蔵(「ひらひら 国芳一門浮世譚」)、「恥」×マキヒロチ(「いつかティファニーで朝食を」)、「悶悶日記」×うめ(「大東京トイボックス」)、「親友交歓」×羽生生純(「恋の門」)、「皮膚と心」×坂井恵理(「ヒヤマケンタロウの妊娠」)、「ダス・ゲマイネ」×旅井とり(「めしばな刑事タチバナ」)、「誰も知らぬ」×あさのゆきこ(「閃光少女」)、「葉」×サダカネアイコ(「青春デンデケデケデケ」)。さらに、原作となった小説を「カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生」でおなじみの渋谷直角が解説(渋谷直角「太宰治に高校時代傾倒したけど酔ってただけであんまりよくわかってなかった男による解説」)。原作に忠実に描かれた作品もあり、現代版にアレンジした作品あり、そして…原作をとどめないくらい大胆に意訳した作品ありの読みごたえある一冊。太宰治にハマった、ハマっている人も、一度も読んだことがないという人も楽しめます。そう、太宰治……「かれは、人を喜ばせるのが、何よりも好きであった!」(「正義と微笑」より)。


≫ 同じ著者の作品
ヤングマガジン サード
ヤングマガジン
ルックルック境界線
旅する缶コーヒー
吉祥寺だけが住みたい街ですか?
千
ライアテア
サヨナラフラグ
デルタ ヨコとフミとクドウのこと
まだ間に合う30代からの貯金改革

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
男塾外伝 伊達臣人
ホモホモセブン
朋友
神さまの怨結び
俺の空刑事編 2012
遥かなる旗へ
うらら迷路帖
ブレンド・S
やわらかい。課長 起田総司
DINO
亜人ちゃんは語りたい
mo2と俺はリア充になりたい!

≫ 同じ出版社(実業之日本社)の作品
あいすべき憂鬱
トリガー
マシュマロ通信
夜のクラゲに抱かれて
新・霊能者緒方克巳シリーズ
女王の穴 ~クイーンズ・ホール~
女神たちの二重奏
歌舞伎町弁護人 凜花
江戸川乱歩怪奇漫画館
静かなるドン
蒼太の包丁
感涙食堂

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す