タグ: 歴史 アウトロー 将棋 青年漫画

天元坊 1

(274ページ)
江戸末期の鳥取藩・因幡郡円柱寺村。間引きされかけた男の子・忌吉は、とろい上に盗み食いをして脚を折られた。役立たずと馬鹿にされるが、将棋を覚えて1文を賭けて勝負し、飢え死にを免れていた。だが願光和尚に負け、教えを請っていた。やがて父が死んで一家離散した忌吉は、寺に引き取られて碁も覚えた。鬼封じの天元打ちを教えた願光は、城に呼ばれての争棋で体力をすり減らし、忌吉に九登寺に行けと言い残して死ぬ。残された忌吉は願光の言葉に従うのだが……。数奇な運命に弄ばれた天才棋士の物語「奇手鬼封じ」ほか「賭け棋士誕生」「苦悩する忌吉」を収録。

天元坊 2

(274ページ)
材木商芦川屋の主人が世話をして、寂光寺で碁の修練に励む忌吉。十一世本因坊元丈門下・外山算節や、十二世本因坊葛野大和と対局した。しかし忌吉は、何度対局しても太田仙三に勝てない。忌吉の碁のために何百両と遣っていた芦川屋は、荷を積んで帰る持ち船がシケに遭って沈み、一気に身代が傾いてしまった。芦川屋はそれでも忌吉のために、五百両の借金をして仙三との対局を実現させるのだが……。「雌伏十年」(前編)(後編) ほか「名人碁所争い」(前編)(後編)「忌吉生涯の一局」(1)(2)(3)を収録。




書籍情報(青年漫画)

著者: 山松ゆうきち

カテゴリ:青年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2015年12月11日

江戸末期の鳥取藩・因幡郡円柱寺村。間引きされかけた男の子・忌吉は、とろい上に盗み食いをして脚を折られた。役立たずと馬鹿にされるが、将棋を覚えて1文を賭けて勝負し、飢え死にを免れていた。だが願光和尚に負け、教えを請っていた。やがて父が死んで一家離散した忌吉は、寺に引き取られて碁も覚えた。鬼封じの天元打ちを教えた願光は、城に呼ばれての争棋で体力をすり減らし、忌吉に九登寺に行けと言い残して死ぬ。残された忌吉は願光の言葉に従うのだが……。数奇な運命に弄ばれた天才棋士の物語「奇手鬼封じ」ほか「賭け棋士誕生」「苦悩する忌吉」を収録。


≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す