タグ: アクション 少年漫画 格闘技

ARHAN 1

(205ページ)
おのれが生きのびるためには恩人を売り、あるじを討ち、親子が相食む下剋争乱の時代――。殺人を請負うことで生計を立てる「蓮華の里」という集落があった。この里の支配者・槐家の家伝と武術の奥義は、一子相伝。受け継げるのは、この家に生まれ育った双子の兄・前馗、弟・後馗のどちらか。弟の後馗は、その優しさがゆえに、優しさ、情けを嫌う父によって抹殺されそうになる。が、そんな後馗を不憫に思った源徳という男が、後馗を連れて西国へ連れて逃げるが…。

ARHAN 2

(182ページ)
おのれが生きのびるためには恩人を売り、あるじを討ち、親子が相食む下剋争乱の時代――。殺人を請負うことで生計を立てる「蓮華の里」という集落があった。この里の支配者・槐家の家伝と武術の奥義は、一子相伝。受け継げるのは、この家に生まれ育った双子の兄・前馗、弟・後馗のどちらか。弟の後馗は、その優しさがゆえに、優しさ、情けを嫌う父によって抹殺されそうになる。が、そんな後馗を不憫に思った源徳という男が、後馗を連れて西国へ連れて逃げるが…。

ARHAN 3

(189ページ)
おのれが生きのびるためには恩人を売り、あるじを討ち、親子が相食む下剋争乱の時代――。殺人を請負うことで生計を立てる「蓮華の里」という集落があった。この里の支配者・槐家の家伝と武術の奥義は、一子相伝。受け継げるのは、この家に生まれ育った双子の兄・前馗、弟・後馗のどちらか。弟の後馗は、その優しさがゆえに、優しさ、情けを嫌う父によって抹殺されそうになる。が、そんな後馗を不憫に思った源徳という男が、後馗を連れて西国へ連れて逃げるが…。




書籍情報(少年漫画)

著者: 竜崎遼児

カテゴリ:少年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2015年12月11日

おのれが生きのびるためには恩人を売り、あるじを討ち、親子が相食む下剋争乱の時代――。殺人を請負うことで生計を立てる「蓮華の里」という集落があった。この里の支配者・槐家の家伝と武術の奥義は、一子相伝。受け継げるのは、この家に生まれ育った双子の兄・前馗、弟・後馗のどちらか。弟の後馗は、その優しさがゆえに、優しさ、情けを嫌う父によって抹殺されそうになる。が、そんな後馗を不憫に思った源徳という男が、後馗を連れて西国へ連れて逃げるが…。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す