ゲームセンターあらし



タグ: メディア化 少年漫画 アクション ホビー 10巻以上

ゲームセンターあらし 1

(206ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 2

(186ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 3

(190ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 4

(186ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 5

(185ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 6

(192ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 7

(186ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 8

(192ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 9

(148ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 10

(184ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 11

(190ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 12

(183ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 13

(189ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 14

(186ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 15

(191ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 16

(192ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。

ゲームセンターあらし 17

(188ページ)
「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。




書籍情報(少年漫画)

著者: すがやみつる

カテゴリ:少年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2015年12月11日

「ゲームセンターあらし」は、1978年から83年まで小学館の「コロコロコミック」に連載された「石野あらし」というゲーム好きの少年を主人公にした日本初のゲームマンガです。1982年には日本テレビ系列でテレビアニメにもなり、その主題歌は通信カラオケによって、「あらし世代」の人たちに歌い継がれています。同じ82年には、「あらし」と同じキャラクターを使った「こんにちはマイコン」というマイコン入門マンガも出版され、この本を読んだことがきっかけで、その後、コンピューターやゲームの道に入ってしまった人も少なくありません。(中略)ほかにもあちこちで「あらし」が露出する機会が多くなり、作者自身が驚いているところです。このホームページによって、かつての少年時代――いや、ジャリガキ時代の思い出にでもふけっていただけたら、作者としては、これ以上の喜びはありません。というわけで、これからも「ゲームセンターあらし」をよろしくお願いいたします。(すがやみつる『ゲームセンターあらし』公式サイトより)うなれ炎のコマ!主人公あらしの必殺技炸裂!コロコロコミック黎明期を支え、社会現象にまでなった黄金の名作ゲームマンガ。


≫ 同じ著者の作品
ラジコン探偵団

≫ 同じカテゴリ(少年漫画)の作品
語り継がれる戦争の記憶
鈍色の青春
RAVE
ラブ・シンクロイド
ニボシ君の変態
新海綴の読解録
A-BOUT!
魔法少女・オブ・ジ・エンド
ゼロセン
新世界より
うちのクラスの女子がヤバい
「汚れた弾丸」「アフガニスタンで起こったこと」

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品
華散るが如く
爆熱瀑流ハイブリッド・ファイター
不器用な君の遠吠えを聞いてるから
G-BOYS,Be Ambitious
エキゾチック・Tiger
大奥
新カラテ地獄変
ヤンキャバウォーズ ~六本木元ヤンキャバ嬢大戦争~
コミック THE夜の仕事人
プロレススーパースター列伝【デジタルリマスター】
斬殺者
魔女黒井ミサ

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す