9で割れ!!―昭和銀行田園支店



タグ: ドラマ 青年漫画 実話

9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (1)

(269ページ)
昭和33年4月、高校を卒業して昭和銀行に入行した矢口(高橋)は、銀行は閉店した後こそが戦場であることに衝撃を受ける。伝票の集計結果と現金残高が一致しなければ、一致するまでやり直すのはもちろんのこと、現金の過不足ともなれば、一円単位で原因を究明するのは当然であった。そして、同僚の当直中に起こった悲劇や、テレビ時代の到来を機に始まったテレビ積立てなど、矢口高雄本人が、高校卒業後から30歳でマンガ家としてデビューするまでの12年間の銀行員生活をふり返りながら描く、自伝的エッセイ漫画!

9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (2)

(271ページ)
行員数が支店長を含めて8名という小さなN支店に配属された矢口(高橋)は、様々な経験を経て、銀行員としての力量を着実に上げていった。そんなある日、矢口の母が、無理な農業仕事がたたってか末期的な股関節炎で入院してしまう。医者に、ことによると片足の切断もあり得ると宣告された矢口は、不安をまぎらわすために釣りに出かけるが…。

9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (3)

(288ページ)
人口3万余のY市にある支店に転勤となった矢口(高橋)は、24歳になる寸前、2歳下の女性と若くして結婚した。銀行員としての仕事の合間をぬって、釣りや当時夢中になっていた油絵など、多忙ながらも充実した日々を送っていた。そして今年も鮎の解禁日が近付いてくる! 矢口は、今年は鮎の「友釣り」をマスターすると息巻くのだが…!?

9で割れ!!―昭和銀行田園支店 (4)

(226ページ)
イヤでたまらないJ支店への転勤だったが、そこで過ごした4年間が、矢口(高橋)の将来を大きく左右することになる。ある時、同僚が持っていたマンガ雑誌をむさぼるように読むうち、銀行員としての日々に追われる中で忘れかけていたかつての“夢”を再認識した矢口は、一作品を完成させ投稿するのだが、結果は「ボツ」… 原稿は返却されてしまった。その後、夏休みを利用して上京した矢口が向かったのは、原稿をボツにした雑誌「ガロ」の出版社だった。そしてそこで矢口は、漫画家の水木しげると会えることになり…!? 矢口高雄本人が描く自伝的エッセイ漫画、いよいよ完結です!!



書籍情報(青年漫画)

著者: 矢口高雄

カテゴリ:青年漫画

出版社:eBookJapan Plus

最新巻発売日: 2016年7月30日

昭和33年4月、高校を卒業して昭和銀行に入行した矢口(高橋)は、銀行は閉店した後こそが戦場であることに衝撃を受ける。伝票の集計結果と現金残高が一致しなければ、一致するまでやり直すのはもちろんのこと、現金の過不足ともなれば、一円単位で原因を究明するのは当然であった。そして、同僚の当直中に起こった悲劇や、テレビ時代の到来を機に始まったテレビ積立てなど、矢口高雄本人が、高校卒業後から30歳でマンガ家としてデビューするまでの12年間の銀行員生活をふり返りながら描く、自伝的エッセイ漫画!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(eBookJapan Plus)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す