はっぽうやぶれ


ソフトアダルト(青年漫画)

タグ: ギャンブル 青年漫画


はっぽうやぶれ(1)

(206ページ)
昭和30年、大阪は新世界で生まれたブウ麻雀が山陽道を西へと伝わり、九州は博多に息づき始めた頃……。麻雀に自信満々の18歳の若者、花島タケオは大阪からやって来たケン師・堂島と出会う。麻雀で惨敗したタケオが堂島に聞かされたのは、白い長い指が牌にからみつく、カッコいい麻雀を打っていたタケオの母親の話だった――。

はっぽうやぶれ(2)

(200ページ)
堂島の経営する雀荘で働くようになったタケオだったが、惚れた女、君子の元恋人である天神組の極道・銀造との勝負に負け、堂島は店を乗っ取られてしまう。博多から小倉へと流れたタケオは、君子と再会するが、銀造たちに指を潰された堂島の死を知る。そして堂島の弔い勝負に勝ったタケオは、君子と共に東京へと向かう…。

はっぽうやぶれ(3)

(196ページ)
第7期東京牌技王となったタケオが次に狙うのは関東牌技王。タケオのライバル、蟹江凱は一流出版社を脱サラし、麻雀のプロになった変わり種だった。昭和42年、タケオが匿名で雑誌に書いたイカサマ記事が話題になり、博奕打ちを題材に小説を書く朝倉徹也がタケオに興味を持つ。タケオはその朝倉が結成した麻雀新撰組に誘われ…。

はっぽうやぶれ(4)

(196ページ)
芸能界の雀豪・大西巨星と、文壇きっての雀豪・山根一刀斎。二人と勝負したタケオらはテレビ界に進出することになり、麻雀界の新しい波として注目されることになった。だが、タケオは“抜きの佐平次”という男に苦戦していた。リーチをかければほとんどツモる、技の見えない佐平次に200万の負けがこんでいたのだ…。

はっぽうやぶれ(5)

(182ページ)
昭和45年当時、麻雀界に3つの団体があった。2万人を擁する関東麻雀連合、リーチ麻雀を創意した天田大介率いる日牌院、そして日本麻雀連合。麻雀新撰組はその3団体と第1回麻雀王位戦を開催。タケオは日牌院の16歳の高校生、青木敬の完璧な読みの前に苦戦を強いられる。そしてタケオと青木の読み合い戦に周囲は注目。

はっぽうやぶれ(6)

(188ページ)
雑誌の麻雀記事を多数抱え、テレビの麻雀講座のホスト役も好評。収入が増えたタケオだが、相変わらず借金地獄にあえいでいた。一方、青木を誌上麻雀で破った蟹江も人気が出始めた。水と油のタケオと蟹江を、周囲は宿敵と見ていた。その蟹江が名差しでタケオを批判しているという…。




書籍情報(青年漫画)

著者: かわぐちかいじ

カテゴリ:青年漫画

出版社:トラスト・ツー

最新巻発売日: 2015年12月25日

昭和30年、大阪は新世界で生まれたブウ麻雀が山陽道を西へと伝わり、九州は博多に息づき始めた頃……。麻雀に自信満々の18歳の若者、花島タケオは大阪からやって来たケン師・堂島と出会う。麻雀で惨敗したタケオが堂島に聞かされたのは、白い長い指が牌にからみつく、カッコいい麻雀を打っていたタケオの母親の話だった――。


≫ 同じ著者の作品
モーニング
沈黙の艦隊
黒い太陽
瑠璃の波風
探偵ハンマー
テロルの箱船
僕はビートルズ
血染めの紋章
ジパング
ジパング 深蒼海流
唐獅子警察
猛者連ブギ

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品
食糧人類-Starving Anonymous-
nude~AV女優みひろ誕生物語~
無邪気の楽園
G-taste
おとぎのまちのれな
がんばれ!消えるな!!色素薄子さん
【閲覧注異】
コウノドリ
政宗くんのリベンジ
デリバリー
忍者パパ
8♀1♂

≫ 同じ出版社(トラスト・ツー)の作品
極悪美女軍団 卍
蓮次
鬼狩り師
殺鬼 GENOCIDER
九鬼絵津子 邪霊狩り
闘竜伝
赤い野獣
巨根三四郎
死風街
エッヂ
探偵物語カブ
バッドブラッド

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す