タグ: 50ページ以上試し読み ドラマ アクション 青年漫画

ブルースの錠 (1)

(231ページ)
昼は米屋の手伝い、夜は仁義を重んじる御手洗組若頭補佐、二つの顔を持つ極道・“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)の活躍を描いた痛快任侠アクション。天涯孤独だというホステス・加津子(かつこ)と結婚の約束をした御手洗組のヤクザ・二郎(じろう)。しかし加津子には仕送りしている家族がいて、ヤクザ以上のヤクザ者・胡桃沢(くるみざわ)から大金を受け取っていると知らされた二郎は……!?

ブルースの錠 (2)

(243ページ)
“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)を殺すように依頼された殺し屋・ギャアティ鈴木(すずき)は、ブルースの妻・美女子(みめこ)までも殺しの標的に入れ、彼女を死姦する計画を立てる。そして自分の情夫であるオカマのガブが、美女子の運転するバイクにはねられるように仕組んだギャアティだったが、美女子は道を飛び出したガブを驚異の運転テクニックで避けて……!?

ブルースの錠 (3)

(243ページ)
酒を飲んで喧嘩ばかりしている御手洗組のヤクザ・栄次(えいじ)を、いつまで荒れてんだと諭す二郎(じろう)達。その後、事務所に姿を見せなくなった栄次が、店で暴れて拘留されたと見破った“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)は、栄次からそこまで荒れてしまった原因を聞く。それは、セックスの相性が抜群だった美保代(みほよ)とのピロートークで、調子に乗った栄次が100人斬りを話したせいで……!?

ブルースの錠 (4)

(245ページ)
網走刑務所にいる弟分・幹(みき)から手紙を送られた“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)。その手紙には、幹が感銘したブルースの言葉や恋人・幸子(さちこ)への想いが書かれていて、幹が彫金したペンダントが同封されていた。そして幸子を強姦した男を殺して網走刑務所へ入った幹のために、そのペンダントを幸子へ届けに行ったブルースだったが……!?

ブルースの錠 (5)

(243ページ)
御手洗組に出入りする青年・白石(しらいし)は、歌舞伎町で御手洗組組長へ挨拶した“人斬り達(ひときりたつ)”の迫力が印象に残る。その後、後ろ姿がセクシーな女が自分の部屋の隣へ引っ越してきたのを知った白石は、壁に穴を開けて女の媚態を覗き見して興奮する。そして引っ越しの挨拶に来た隣室の女が、ブスだとわかってガッカリする白石だったが、ある夜、鍵が開いた隣室に入って寝乱れる女とエッチしてしまい……!?

ブルースの錠 (6)

(243ページ)
悪評高い阿鼻子(あびこ)組の下っ端ヤクザ・ジュンは、若頭にタバコの火を押しつけられたり、実弾射撃の的にされて肩を撃ち抜かれたり、イジメのような仕打ちを受ける日々を送っていた。そんなある日、憧れていた“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)を殺すように命令されて困惑するジュンは、恋人が兄貴分に強姦された事で怒りが頂点に達して、阿鼻子組でマシンガンを乱射して……!? 人情ヤクザ・ブルースの錠の生き様に感動する完結巻。



書籍情報(青年漫画)

著者: ジョージ秋山

カテゴリ:青年漫画

出版社:eBookJapan Plus

最新巻発売日: 2016年7月28日

昼は米屋の手伝い、夜は仁義を重んじる御手洗組若頭補佐、二つの顔を持つ極道・“ブルースの錠”こと小山田錠二(おやまだ・じょうじ)の活躍を描いた痛快任侠アクション。天涯孤独だというホステス・加津子(かつこ)と結婚の約束をした御手洗組のヤクザ・二郎(じろう)。しかし加津子には仕送りしている家族がいて、ヤクザ以上のヤクザ者・胡桃沢(くるみざわ)から大金を受け取っていると知らされた二郎は……!?


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(eBookJapan Plus)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す