命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~



タグ: 女性漫画 ドラマ ビジネス


命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 1巻

(161ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第一弾。派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。後処理を委託した業者は、意外と若い、これといって特徴のない男性。顔も知らない親戚のために死の処理をしなければいけない矛盾に腹が立ち、その男性にも文句を言うが、淡々と仕事をこなすのを見て、逆に興味がわいた…。※この巻は[分冊版]1~5話までが収録されております。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 2巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第二弾。親戚の死から遺品整理業社…という職種を知り、ひょんなことからそこで働くことになった元派遣OLの森内。さまざまな依頼を受け、それぞれの命の足あとを消す作業をしていくうちに、生きる意味やそこに居る理由を考えるようになる。そして、もちろんそこで働く仲間にもさまざまな理由があった。そこに面接にきたという若い女性。彼女はかつて、自殺予告の電話をかけてきた女性だった。ここで働きたいというが、社長は不採用に…。それでも彼女は会社に毎日やってきて…。※この巻は[分冊版]6~10話までが収録されております。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 3巻

(161ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第三弾。遺品整理業社ヒューマンズで働くことになった元派遣OLの森内。以前、職場でのいじめや虚無感などから、自殺でもしてしまおうかと考えた時期がある。ところが、最初に言われた社長の言葉や仕事を続けていくうちに、いろんな人の人生や死に方…遺品のこと、それぞれの命の足あとを消す作業の中で、その想いをふと違う方向に向けられるブレーキを見つける…。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 4巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第四弾。遺品整理業社ヒューマンズで働く、元派遣OLの森内。孤独死、壮絶な自殺の現場の作業をするスタッフたちと共に仕事に打ち込む毎日。そんな中、久しぶりの存命の依頼に気持ちが和む森内。一度は本人によりキャンセルが入るが、再び依頼が来た時…スタッフ全員、不穏な空気に包まれる――――。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 5巻

(165ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第五弾。遺品整理業社ヒューマンズで働く、元派遣OLの森内。特別清掃の依頼が続く一日…。壮絶な現場の中にもその人の人生が詰まっている…。ある孤独死の現場に社長と向かう森内。依頼者はとても急いでいるらしく、すぐにでも取り掛かって欲しいとのこと―――。依頼者と故人との関係は複雑なものだった―――――。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 6巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第六弾。遺品整理業社ヒューマンズで働く、元派遣OLの森内。現場の見積もりに大月と向かう…。おそらく、今回も電話の様子だと特別清掃の予定だが、見積もり後、そのまま特掃に入る場合、自分も残ることになる…。だいぶ慣れてはきたものの、いざその時になるとやはり緊張が走るのだった―――。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 7巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第七弾。遺品整理業社ヒューマンズで働く、元派遣OLの森内。今回は自宅のゴミ処理の依頼。依頼人の姉からの連絡だった。いくら生きている人間のゴミだからといってもあなどれない…。本人は大きな会社の部長、身なりもきちんとしていた。しかし、マンションに行ってみると部屋に入れないくらいゴミであふれていた。依頼人はジム通いで入浴等を済ませ、帰って寝る…という生活。姉から子どものように怒られる依頼人を見て、家族の愛情を感じる森内だった。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 8巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第八弾。渋滞の中、急いで着いた依頼先には、ひとりの女性が苛立ちを隠せない様子で立っていた。代理人というその女性は立ち会わず、見積もり・清掃・荷物の廃棄を依頼した。森内と大月は、中に入って、作業を行う。今日は清掃のみだが、明日荷物の運び出しを行う予定だ。故人は、ベッドの上で孤独死されたらしく、そこだけは腐敗が進んでいた様子。部屋の持ち物から中堅の男性サラリーマンのようだった。その依頼人は、その息子…そして代理人は元妻…という。20年以上も会っていない元家族の事態に淡々とした態度もわかる気もするが…。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 9巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第九弾。急にジョキングをはじめたスタッフのまい子。駅伝を見ていたら、私にはこれだ…と思ったらしい。東京マラソンを目標にがんばるとか…。そんな会話の中、依頼の電話がかかってくる。今回は特掃ではなく、遺品整理のみ。女性の実家を処分するための遺品を整理するとのこと。見積もりに行くと、まるで映画のセットのような昭和の家屋ととてもていねいに使われた調度品などになつかしいやら物悲しいやらの気持ちがあふれた。もしかしたら、ネットオークションに出品すれば値のつくものもあるかもしれない…。

命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~ 10巻

(163ページ)
生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第十弾。急にジョキングをはじめたスタッフのまい子。駅伝を見ていたら、私にはこれだ…と思ったらしい。東京マラソンを目標にがんばるとか…。そんな会話の中、依頼の電話がかかってくる。今回は特掃ではなく、遺品整理のみ。女性の実家を処分するための遺品を整理するとのこと。見積もりに行くと、まるで映画のセットのような昭和の家屋ととてもていねいに使われた調度品などになつかしいやら物悲しいやらの気持ちがあふれた。もしかしたら、ネットオークションに出品すれば値のつくものもあるかもしれない…。



書籍情報(女性漫画)

著者: みきさえ

カテゴリ:女性漫画

出版社:笠倉出版社

最新巻発売日: 2016年10月7日

生と死を見つめなおす人生の軌跡を辿るシリーズ第一弾。派遣OLの森内は、数年前に死んでしまった母親の遠い親戚の死を警察から聞き、後処理に向かった。いつもビンボークジをひいてしまう自分に、なぜ私が…という思いを抱きながら…。後処理を委託した業者は、意外と若い、これといって特徴のない男性。顔も知らない親戚のために死の処理をしなければいけない矛盾に腹が立ち、その男性にも文句を言うが、淡々と仕事をこなすのを見て、逆に興味がわいた…。※この巻は[分冊版]1~5話までが収録されております。


≫ 同じ著者の作品
命の足あと~遺品整理業社ヒューマンズ~[分冊版]
フォアミセス
嫁と姑デラックス【アンソロジー版】

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品
いばら姫
命の叫び~継母の虐待が招いた悲劇~
きみはペット
悪女(わる)
年上のヒト。
本当にあった女の人生ドラマ
援交相手はパパでした
風俗街で育った女
こんな上司にお困りでしたら
ピンクの契約書♂にサインします!
春待つ僕ら
逃げるは恥だが役に立つ

≫ 同じ出版社(笠倉出版社)の作品
課長と淫らな1DK!?~絶対秘密のふたり暮らし~
禁断遊郭
蜜愛エスカレーション
快感☆ひみつのマッサージ
ミカちゃんちの家族プレイ
課長と淫らな1DK!?~絶対秘密のふたり暮らし~【合冊版】 <限定特典付き>
キモチイイことお届けします
小さなカレの大きなアレ
欲求不満妻の午後
秘密のセックスフレンド
欲望プールサイド ムチムチ水着をずらしてin![分冊版]
あいの おと

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す