実在ゲキウマ地酒日記



タグ: 青年漫画 ほのぼの グルメ

実在ゲキウマ地酒日記(1)

(162ページ)
二十歳になって飲んだお酒は、ビールも日本酒もチューハイも、全然おいしくなかった。子供の頃はあんなに好きだったのに(!)。でも、モーニングで『夏子の酒』に出会い、「地酒」の探求を始めて、人生は変わりました。米の良質でキレの良い「甘み」を求めて。ニョーボと二人、地酒の森の放浪は続きます。今では仕事で飽和した脳ミソをほぐすツマミ作製も、欠かせない楽しみに。こんな「地酒バカ」の毎日は、こんな感じです。

実在ゲキウマ地酒日記(2)

(179ページ)
呑み、かつ食う。これがニョーボとの地酒タイムの定番。で、テレビの料理番組をチラ観して、レシピをアレンジして、酒に合ったツマミを作る。鍋の前に立って「あー、今、旨みが煮汁に染み出してるんだろうなあ」なんてイメージすると、なんとも落ち着きます。この巻をもって、ニョーボともお別れとなってしまいました。でも、追悼描き下ろし「帰ってきたヨッパライ編」では、ニョーボが復活して、おでん食ってます。読んでみてね!



書籍情報(青年漫画)

著者: 須賀原洋行

カテゴリ:青年漫画

連載雑誌:イブニング

出版社:講談社

最新巻発売日: 2016年2月25日

二十歳になって飲んだお酒は、ビールも日本酒もチューハイも、全然おいしくなかった。子供の頃はあんなに好きだったのに(!)。でも、モーニングで『夏子の酒』に出会い、「地酒」の探求を始めて、人生は変わりました。米の良質でキレの良い「甘み」を求めて。ニョーボと二人、地酒の森の放浪は続きます。今では仕事で飽和した脳ミソをほぐすツマミ作製も、欠かせない楽しみに。こんな「地酒バカ」の毎日は、こんな感じです。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す