タグ: ファンタジー アクション 女性漫画

Dracul: 1

(196ページ)
八雲は幼い頃から母親に、二つのことを告げられていた。ひとつは「父親が吸血鬼である」こと、もう一つは「父に死期が近づくと迎えに使者がやってくる」こと。その言葉を信じていなかった八雲。しかし、母の死後彼の前に現れた「人間の言葉を話す黒犬」によって、それが事実であることを彼は知る。黒犬は、八雲が吸血鬼界の王の息子で、その後継者候補になっていることを伝え、自分がその後見人になったと告げた。「後継者レース」に否応なく参加することになってしまった八雲。それは負ければ命を失う、命を賭した戦いだった――!!

Dracul: 2

(226ページ)
吸血鬼界の王(ドラクル)の椅子を巡る<後継者レース>。その戦いに八雲はクラスメイトを巻き込み、死なせてしまう。絶望し、死を望む八雲。だが、後見人の黒井は彼を生かすため、その首に牙をつきたてる。それは、八雲を再吸血鬼化させるためで……?――吸血鬼たちの戦い、ここに閉幕。



書籍情報(女性漫画)

著者: 水月博士

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:Comic ZERO-SUM

出版社:一迅社

最新巻発売日: 2016年3月29日

八雲は幼い頃から母親に、二つのことを告げられていた。ひとつは「父親が吸血鬼である」こと、もう一つは「父に死期が近づくと迎えに使者がやってくる」こと。その言葉を信じていなかった八雲。しかし、母の死後彼の前に現れた「人間の言葉を話す黒犬」によって、それが事実であることを彼は知る。黒犬は、八雲が吸血鬼界の王の息子で、その後継者候補になっていることを伝え、自分がその後見人になったと告げた。「後継者レース」に否応なく参加することになってしまった八雲。それは負ければ命を失う、命を賭した戦いだった――!!


≫ 同じ出版社(一迅社)の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す