博多新聞東京支社

ソフトアダルト(青年漫画)

タグ: ビジネス メンズ 青年漫画

博多新聞東京支社1

(223ページ)
加井の息子が野球をやりたいと言い出した。困った加井は博多新聞の岡に相談する。実は加井は、元プロ野球選手で八百長疑惑で球界から永久追放を受けた身だった。彼の無実を信じ、擁護する記事を書き続けていた岡は、それ以来20年に渡って記事を書かず、『書かずの岡』と呼ばれている。全てを子供に打ち明け、納得してくれたらキャッチ・ボールをしろと、岡はアドバイスした。そして20年ぶりに記事を書く……。新聞記者魂を描いた佳作短編集。収録作「多摩川発=書かずの岡さん」他に「たった一行のスキャンダル」「人生の一大事」「欠陥報道」「夏の夜の夢」「柩と杭」「テレビ症候群」「サイン」「予定稿」の全9話を収録。

博多新聞東京支社2

(202ページ)
本社に送った記事がいつも削られていることを怒る農水省詰めの粕屋。本社の整理部にねじ込むが、一面に載っただけでも喜べという返事。整理部は料理人で、鱗やはらわたを抜いて、一番良いところだけを見せるのが新聞だと宣った。頭にきた粕屋は、もう書かないと自宅に籠もってしまうが削られない記事を送れば良いだろうと再挑戦。それでもやはり、削られていた…。収録作「削り」他に「タエモトシノブ」「全舷」「タレ込み」「0からの出発」「絵理の場合」「パーティー記者」「河豚」「一筆両断」「ウラ」の全10話を収録。




書籍情報(青年漫画)

著者: 長谷川法世

カテゴリ:青年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2015年12月11日

加井の息子が野球をやりたいと言い出した。困った加井は博多新聞の岡に相談する。実は加井は、元プロ野球選手で八百長疑惑で球界から永久追放を受けた身だった。彼の無実を信じ、擁護する記事を書き続けていた岡は、それ以来20年に渡って記事を書かず、『書かずの岡』と呼ばれている。全てを子供に打ち明け、納得してくれたらキャッチ・ボールをしろと、岡はアドバイスした。そして20年ぶりに記事を書く……。新聞記者魂を描いた佳作短編集。収録作「多摩川発=書かずの岡さん」他に「たった一行のスキャンダル」「人生の一大事」「欠陥報道」「夏の夜の夢」「柩と杭」「テレビ症候群」「サイン」「予定稿」の全9話を収録。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す