タグ: サスペンス アクション 少女漫画

架刑のアリス(1)

(179ページ)
さあ、「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」をはじめましょう――。生き残りを賭けた、兄妹同士のデス・ゲームが幕を開ける――! 世界有数の財閥、久遠寺(くおんじ)家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会」で9人の兄妹が一堂に会す中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹全員で殺し合いをしてほしいの」混乱の中、理性のたがが外れた四女・星(ステラ)は金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!!

架刑のアリス(2)

(177ページ)
久遠寺(くおんじ)家当主に約束された永遠の命。その代償は兄妹同士の殺し合いだった……。仲良しの姉「赤ずきん」紅亜(くれあ)との死を賭けたゲームに絶望するステラに、もう1人の私「血塗れアリス」が囁きかける――「これが私たちの運命なんだよ」。彼女の戦いを見守る白うさぎと、煽る初恋の兄。ステラの運命に寄り添うのは果たして――。

架刑のアリス(3)

(179ページ)
世界有数の富豪・久遠寺(くおんじ)家の当主の座を巡り、9人兄妹で殺し合いをすることになった四女・星(ステラ)。極限の状況の中で、もう1つの人格「血塗れアリス」が目覚め、次男・志度(シド)、三女・紅亜(クレア)をその手で殺めてしまう。そして第3の戦いは屍の女王と化した次女・厘流(ミセル)とのホーンテッド・パーティー! 「血塗れアリス」のオーバーキルが炸裂する!

架刑のアリス(4)

(179ページ)
四男・海(マレ)との殺し合いで憔悴しきったステラ。朦朧とする意識の中で、過去のトラウマ「飛行機墜落事故」の記憶が蘇る。その飛行機には、かつてステラをつけまわしていた「白い髪の少年」が同乗し、飛行機に何かの細工をしていた――!? 同じ白い髪をもつボディーガード・月兎(つきと)に深まる疑念……。その記憶は開けてはいけないパンドラの箱なのか!?

架刑のアリス(5)

(177ページ)
絶大な権力を誇る久遠寺家の跡継ぎを決定するため、9人兄妹で殺し合いをすることになった四女のステラ。唯一の心の拠り所、最愛の兄・是乃の手のひらにあるはずの傷が左右逆だったことに気付いたステラは、あまりにも残酷な真実へと辿り着く――。「ずっとずっと『彼を殺した者』を彼だと信じて愛してきたのね」。5年前の「始まりのお茶会」で生まれた大きな嘘が、今暴かれる――!!

架刑のアリス(6)

(177ページ)
5年前の「始まりのお茶会」で死んだはずの本物の是乃兄が現れた。ついに月兎の最後にして最大の謎が明かされる。「もう…月兎の手をはなしちゃダメだ…!」混乱の中、戦う動機を失ったステラに、父がこのデスゲームを終わらせる方法を持ちかけ――!?

架刑のアリス(7)

(181ページ)
兄妹最強の長女・荊との肉弾戦に勝ち残るため、血塗れアリスに1ヵ月「身体を貸す」契約をしたステラ。その結果、ステラはアリスに乗っ取られてしまう。意識の中に閉じ込められたステラが見たものは、アリスが「血塗れアリス」になるまでの壮絶な過去だった――!! 全巻続々重版決定! 不思議の国のアリスinバトルロワイヤル! 兄妹同士の殺し合いに生き残るため少女が金髪、青い服の戦闘鬼に変身!



書籍情報(少女漫画)

著者: 由貴香織里

カテゴリ:少女漫画

連載雑誌:ARIA

出版社:講談社

最新巻発売日: 2017年1月13日

さあ、「いかれたお茶会(マッド・ティー・パーティー)」をはじめましょう――。生き残りを賭けた、兄妹同士のデス・ゲームが幕を開ける――! 世界有数の財閥、久遠寺(くおんじ)家。同家の月に一度のしきたり「いかれたお茶会」で9人の兄妹が一堂に会す中、母・織雅(オルガ)は突然告げる。「今から兄妹全員で殺し合いをしてほしいの」混乱の中、理性のたがが外れた四女・星(ステラ)は金色の髪、青い服をまとった美しき少女へと変貌を遂げる――!!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(少女漫画)の作品

≫ 同じ出版社(講談社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す