タグ: 女性漫画 ドラマ


サボテンの娘(1)

(162ページ)
1985年夏。名古屋郊外に暮らす家村家は7人の大家族。庭は父の趣味のサボテンだらけで、長女の小学6年生・優子のあだ名は「サボテンの娘」だ。優子は、父が家族を顧みないと不満だが、それでも一家は平和に暮らしている…。なつかしい日常とささいな事件の中から立ち現れる愛、絆、友情。「ひとひら」の桐原いづみが描く、少女と家族の、昭和のホームドラマ!!

サボテンの娘(2)

(162ページ)
1985年の名古屋郊外。サボテンだらけの「サボテン屋敷」こと家村家の長女・優子は、明るくおバカな小学6年生。夏祭りや家の法事、それに近所の嫁入りなど、昭和の田舎にはイベントが盛りだくさん。そんな中、優子は同級生・青木君のことが気になり始めて…各メディアで絶賛、桐原いづみが精緻に描く昭和のホームコメディ第2弾!!

サボテンの娘(3)

(162ページ)
1986年の名古屋郊外を舞台にしたホームコメディ、いよいよ完結編。「サボテンの娘」こと小学6年生の優子は、幼馴染みの青木くんが好きだと自覚する。ところが、親友の真由美ちゃんも青木くんが好きで、ささいなトラブルから絶交してしまうふたり。卒業式までに仲直りできるのか?そして、別の中学へ進学する青木くんとの関係は…?年越し、ファミコンブーム、バレンタインデー、卒業式と、昭和の風景をバックに、名手が少女の揺れ動く心を精緻に描く!



書籍情報(女性漫画)

著者: 桐原いづみ

カテゴリ:女性漫画

連載雑誌:コミックハイ!

出版社:双葉社

最新巻発売日: 2015年10月2日

1985年夏。名古屋郊外に暮らす家村家は7人の大家族。庭は父の趣味のサボテンだらけで、長女の小学6年生・優子のあだ名は「サボテンの娘」だ。優子は、父が家族を顧みないと不満だが、それでも一家は平和に暮らしている…。なつかしい日常とささいな事件の中から立ち現れる愛、絆、友情。「ひとひら」の桐原いづみが描く、少女と家族の、昭和のホームドラマ!!


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(女性漫画)の作品

≫ 同じ出版社(双葉社)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す