タグ: 青年漫画 歴史


春が来た(1)

(240ページ)
職を失った初老の元同心・太郎兵衛と元忍者・次郎兵衛。十手一筋、隠密一筋の二人は友情で固く結ばれ、現世という“地獄”と対峙してゆく。時には、人の情、女の情にほだされながら、血の涙を流し、この生き地獄を凝視する。ほんとうの男の生きざまがここにある。小島剛夕&小池一夫の珠玉作。女好きの元同心・甘利長門こと太郎兵衛と、奥手の元忍びの者・月坂小介こと次郎兵衛のじじぃコンビが織りなす傑作人情時代劇。2002年、NHKにて太郎兵衛役=仲代達矢、次郎兵衛役=西田敏行で6回連続放映となる。
1976年~1978年「漫画アクション」(双葉社)連載。

春が来た(2)

(242ページ)
女を知らず、五十年間隠密稼業を過ごしてきた次郎兵衛。彼は四季屋の女主人・おりせに惚れる。そこで太郎兵衛は、何とかして二人を一緒にさせようとするが…。果たして次郎兵衛に春はやってくるのか?!

春が来た(3)

(286ページ)
太郎兵衛と次郎兵衛は、身投げをしようとしていた娘を偶然、助ける。仮の宿、廃寺・幸福寺で、このおりくという娘と一緒に住むことになったが…またしても事件が勃発する!?

春が来た(4)

(274ページ)
今日も廃寺・幸福寺で侘しく暮らす太郎兵衛と次郎兵衛。彼らのもとに漸く到来した遅い春。しかし、幸せを掴みかけたのも束の間、この世の不条理が荒波のように押し寄せて…。

春が来た(5)

(244ページ)
愛する人を失った悲しみに打ちひしがれる太郎兵衛と次郎兵衛。悲しみを忘れるため、残りの余生は、悪事の限りを尽くし、狂って生きようと決心する――。江戸を旅立った彼らは、地獄へ向かって歩を進めるが、果たして!?

春が来た(6)

(244ページ)
狂気の旅を続ける太郎兵衛、次郎兵衛。旅の途中、お金のなくなった二人は、刀研ぎをして稼ごうとする。しかし、インチキの刀研ぎだったため、二人は無足人に連れ去られる!?

春が来た(7)

(244ページ)
老境に入って、初めて人生の春を謳歌した太郎兵衛と次郎兵衛。その幸せも束の間、人の世の哀しき人間模様に翻弄される――。掛川藩の大番頭が殺害された事件で容疑のかかった太郎兵衛と次郎兵衛。潔白を証明するため、犯人探しに乗り出した二人は、犯人を見つけることができるのか!?

春が来た(8)

(244ページ)
浪花屋真盛と連れの女・お初を打ち倒した太郎兵衛と次郎兵衛。暴風雨の中、旅を続けていた二人だったが、太郎兵衛が高熱に倒れ、瀕死の状態になる。太郎兵衛を必死で看病する次郎兵衛。果たして太郎兵衛は助かるのか!?

春が来た(9)

(242ページ)
心根の優しさゆえ、悪人になりきれない太郎兵衛と次郎兵衛。ただ世を儚みながら、今日も巷を彷徨する――。賞金稼ぎ・死吉に出会った二人は、賞金首を守ることで、その稼業から足を洗わせようとするが…!?

春が来た(10)

(244ページ)
尾張藩に侵入しようと画策していた者を倒した太郎兵衛と次郎兵衛。その功績によって尾張藩主より召し抱えられることになった二人だったが…。小池一夫・小島剛夕の最高コンビが贈る長編時代劇、堂々の完結!




書籍情報(青年漫画)

著者: 小池一夫 小島剛夕

カテゴリ:青年漫画

出版社:グループ・ゼロ

最新巻発売日: 2017年2月17日

職を失った初老の元同心・太郎兵衛と元忍者・次郎兵衛。十手一筋、隠密一筋の二人は友情で固く結ばれ、現世という“地獄”と対峙してゆく。時には、人の情、女の情にほだされながら、血の涙を流し、この生き地獄を凝視する。ほんとうの男の生きざまがここにある。小島剛夕&小池一夫の珠玉作。女好きの元同心・甘利長門こと太郎兵衛と、奥手の元忍びの者・月坂小介こと次郎兵衛のじじぃコンビが織りなす傑作人情時代劇。2002年、NHKにて太郎兵衛役=仲代達矢、次郎兵衛役=西田敏行で6回連続放映となる。
1976年~1978年「漫画アクション」(双葉社)連載。


≫ 同じ著者の作品

≫ 同じカテゴリ(青年漫画)の作品

≫ 同じ出版社(グループ・ゼロ)の作品

最近チェックした漫画

タグから漫画を探す